これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

小笠原航路、硫黄島、母島探鳥日誌~ その3 硫黄島クルーズレポート

父島を19:00に出航して、おがさわら丸に揺られること10時間。
東京を経ったのと時を同じくして発生した台風の影響が心配されましたが、硫黄島周辺の海の色は、朝焼けの茜色からこれ以上ないくらいに鮮やかな青へと色を変え、どこまでも穏やかに広がっています。

●アカオネッタイチョウの遊ぶ南硫黄島

朝5時。南硫黄島に近づくとどこからともなくカツオドリが集まってきます。相変わらず、飛び出してくるトビウオを狙って豪快にダイビングを繰り返しています。
そのうち、船首の方がにわかに慌しくなり、「アカアシカツオ(ドリ)!」という声が聞こえてきます。
「アカアシカツオドリって本土じゃ迷鳥の類いだよなぁ」と慌てて船首に向かいます。

船首では、白いカツオドリがマストの周りを右に左に並走しながら飛んでいます。
それにしても、こんな希少な鳥が目の前で見られて良いものでしょうか!!
さすがは硫黄島クオリティです。

f0191924_23435785.jpg


やがて御飯を山盛りに盛ったような形の南硫黄島が現れました。
島の周囲は断崖絶壁で、人が生活するのはもちろん、上陸するのも困難な原始の孤島です。

f0191924_017216.jpg


絶壁を覆うように生えた緑は海鳥たちの恰好の繁殖地になっています。
そして緑の上を小さな白い点が、飛んでいます。しかし、距離がありすぎて双眼鏡では種の判別ができません。
スコープで観察している方から「アカオネッタイチョウ」の声が上がります!言われて見ると、たしかに尾と嘴が赤い!・・・気がする。
そのうちこちらの思いが通じたのか、1羽が上昇気流を利用して高く上がり、こちらへ向かって飛んできます!
騒然とするデッキ。あっという間に船の上を飛び過ぎて行きました。

f0191924_0113324.jpg


紛れもなく"アカオ"ネッタイチョウ。
そして近くを飛んだのは今回のクルーズを通してこの時の一度きりでした。

●硫黄島

その名の通り、すりばちを逆さにした形の摺鉢山が見えてくると、太平洋戦争中に戦場となり、多くの犠牲者をだした硫黄島です。まず、戦没者を悼み黙祷を捧げます。

f0191924_0182258.jpg


海面に目を向けるとすぐ目の前をオナガミズナギドリが飛び過ぎて行きます。「あ"ーテレコン外しとくんだった」と後悔するも後の祭り。

f0191924_22442921.jpg


硫黄島を後にしてすぐ、「なんか流れて来る!」の声に目を向けるとハッポーの上にトウゾクカモメが乗っかって流れてきます(正しくはこちらが通り過ぎたことになりますが)。

f0191924_22452914.jpg


「シロ(ハラ)トウ(ゾクカモメ)?クロトウ(ゾクカモメ)?」意見が別れましたが、外見はクロトウ寄りだが、クロトウなら体型がもっとほっそりしているはず」との見解から一応シロハラトウゾクカモメで落ち着いた模様。
これでは図鑑をどんなに覚えていっても太刀打ちできません。やはり経験あるのみです。

●白い鳥の楽園"北硫黄島"

北硫黄島も南硫黄と同じく周囲を断崖絶壁で囲まれた原始のオーラを漂わせていますが、じつはその昔集落があり、島の頂上では牛の放牧もされていたそうな。「あそこが学校跡です」との説明を受けるものの、「あのスペースのどこに学校が作れるんだ!?」と驚きを隠せません。

f0191924_019578.jpg


といっているとアカオネッタイチョウが登場。5羽が飛び交いながら緑の上を移動していきます。相変わらず遠いです。

f0191924_2247121.jpg


と、思いきや「あれはシロアジサシ」とのこと。
シロアジサシと言えば何となく自分の中で南の島の象徴で、白い砂浜の木陰で休んでいると、樹上にはこの鳥が…という妄想があったのですが、「それならロタ島行けよ」って話ですね。この距離がシロアジサシの希少さを感じさせてくれます。
と納得したのも束の間、今度はシラオネッタイチョウが崖の近くに出現。

f0191924_2311373.jpg


うーん遠過ぎてもはや何の鳥かすら分からないですね。

「島から出張して、こちらまで近づいてくれないかなぁ」とぼやいていると、

船尾方向から白いアジサシがひらひらと船に近づいてきます。
「オオアジサシ!」とデッキが大騒ぎするのを横目に、あっという間に船の上を飛び過ぎて行きました。

f0191924_23492494.jpg


そんなこんなで充実した硫黄島クルーズは一路父島へ帰ります。

次回は母島です。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-08 10:35 | Hobby'sスタッフレポート

野鳥版画展のお知らせ!!

大型の台風18号が着々と本土に向かって進んでおりますが、皆様暴風対策は万全にされていますでしょうか。東京は明日が大荒れとの予報ですので、今後の台風情報に十分お気を付け下さい。

今回は台風も過ぎた(であろう)今度の土~祝日にかけてのイベントのご紹介です。
バーダーの1コーナー"文化鳥類学のススメ"での味わい深い版画の挿絵でおなじみの「長島 充」さんの作品展が開催されます。
場所は葛西臨海公園の鳥類園ですので、鳥見目的でも、お越しの際は、お立ち寄り下さい。

期日:2009年10月10日(土)~12日(祝)
時間:9:00~17:00
場所:葛西臨海公園鳥類園ウォッチングセンター
f0191924_14203637.jpg


また、10/11(日)には、ワークショップ「葛西の生きものを版画にしよう」も開催されます。
①11:00~12:30 ②13:30~15:00 の2回で、
各回につき25名の定員になります。要予約です。
問い合わせ先:TEL03-5696-1331 葛西臨海公園鳥類園ウォッチングセンター(渡会:ワタライ様)まで

公園周辺の野鳥、昆虫、植物などをモチーフに、誰でも出来る消しゴム版画を製作するそうです。
作った版画を全員で押して、1枚の大きな版画を制作するそうなので、お子様連れのお客様は要チェックです。
くれぐれもご予約は忘れずにお願い致します。


さて、デジスコドットコムのサイトでも紹介されていますが、ソニーのサイバーショットWX-1用のブラケットが発表されました!

現在予約受付ページを準備中ですので、今しばらくお待ち下さい。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-07 11:09 | イベントのお知らせ

iPodで野鳥図鑑!

iPodにインストールして、野鳥の声や画像を楽しめることで人気の「BIRDSONG for iPod」ですが、この度、メーカーのエンウィットさんより、デモンストレーション用のiPod Touchをお借りできましたので、店頭にてデモ展示中です。

f0191924_12335440.jpg


レジ横に展示しておりますので、興味のある方はこの機会にぜひお試し下さい。

すでにiPodをお持ちの方だけでなく、これを機会に新しくiPodを購入されるご年輩や、お子さんからiPodのお下がりをもらって始められるお父さんが多くいるのには驚きました。

と気づけば店長志賀もiPhoneを購入し、奮闘中!?

もちろん、バードウォッチングツールとしての実力も十分006.gif
森や草原といった野鳥の姿を捉え辛く、地鳴きでの判別が頼りになる、野外での識別を強力にサポートします。

「BIRDSONG for iPod」の詳細・ご購入はこちら
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-05 10:20 | ホビーズスタッフの愛用品!

【そこそこ速報レビュー】Canon EOS7D Image Monsterとスコープの相性やいかに?

先日、永年相棒として連れ添ってきたソニルタ(ソニーの一眼レフα700にミノルタのレンズ)のシステムに三行半を突付けて(?)10/2に発売されたばかりのキヤノンのデジタル一眼レフカメラEOS7D(APS-C機)に乗換えました新人の岩本です。

7D購入後そのままホビーズに出向き、スコープ(コーワ TSN-774と884)との相性はどうか試してみたので、ご報告します。

まず、キットレンズの15-85mmとコーワ TSN-774+VA3によるコリメート撮影についてですが。
結果から言ってしまうと残念ながら使えませんでした007.gif
全域盛大にケラレます。
31mmのところで一瞬収まりますが、それでも四隅はケラレます。

31mm オリジナル画像
f0191924_0273392.jpg

T端 オリジナル画像
f0191924_0275340.jpg

AFについては31mm域ではそれなりに効きますが、85mmでは合焦せず。ライブビューにすると、途端にモッサリした動きに豹変し、何度か迷うような有り様です。
液晶は優秀で、ライブビュー時も液晶フードモニタリングプロ-MCなどと組み合わせると、思ったよりピントの掴みはOKです!

コーワのフォトアタッチメントTSN-PZTSN-PA6とはかなり相性が良さそうです。
もちろんAFは効きませんが、ライブビューでのピント合わせは、液晶フードを上手くセッティング(カメラボディにモニタリングプロ付属のヒモをぐるりと巻きつけて、モードダイヤルに引っ掛けると手離しで使用可能)することにより、快適にマニュアルフォーカスできます。静音モードにすれば、シャッターショックもかなり減少している感触です(印象としてはPanasonicのGF1より少ない感じがします)。

EOS7Dで注目されていた高感度時のノイズについては、かなり良さそうですが、ISO6400ではそれなりにノイズが現れます(APS-C機であることを考えると驚異的な低ノイズですが)。ISO1600くらいなら安心して上げられるでしょう。

というわけで、TSN-PZでのテスト画像を感度別に公開しておきます。

TSN-PZ W端 ISO200 オリジナル画像
f0191924_0305360.jpg

TSN-PZ T端 ISO200 オリジナル画像
f0191924_0311347.jpg

TSN-PZ W端 ISO800 オリジナル画像
f0191924_0313338.jpg

TSN-PZ T端 ISO800 オリジナル画像
f0191924_0314869.jpg

TSN-PZ W端 ISO1600 オリジナル画像
f0191924_032966.jpg

TSN-PZ T端 ISO1600 オリジナル画像
f0191924_0322631.jpg

TSN-PZ W端 ISO3200 オリジナル画像
f0191924_0324448.jpg

TSN-PZ T端 ISO3200 オリジナル画像
f0191924_033472.jpg

※上記の撮影条件は、天候薄暗い曇り、時間は暗くなり始めた16時頃、風もそれなりに吹いていて、たえず枝葉が揺れる悪条件での撮影になります。
脚周りは、三脚がマンフロット055CX3、雲台がマンフロット701HDVにジッツオのGS5370XLC(エキストラロングプレート)で固定しています。
コーワの高精度カメラマウントTSN-CM3やレリーズを用いれば、もう少し解像感を追い込めると思います。

動画撮影もかなり好感触です。
背面にあるレバーを動画モードに合わせてスタートストップボタンを押せば録画が開始されます。
画質もとてもきれいですが、私が所有するCore2Duo 2.8Ghz搭載ノートですら5秒と再生できません。
これを編集するとなると、一体どんなマシンが必要になるんでしょうか013.gif

最後に質感についてですが、好い感じです016.gif
ニコンのゴーヨンロクヨンと心中する覚悟と"ニコン命"を明言している志賀店長からも「7Dの質感良いなぁこの感触は1D系だな」とお墨付きをもらいました。

スペックのスゴさももちろんですが、こういった部分がぬかりなく仕上げられている点が7D最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

そんなわけで、今度は60mmか100mmマクロ辺りでコリメートにリベンジするか、ちんまりとフォトアタッチメントに収まるか、辛うじて手の届くシグマの100-500mmで無難にやり過ごすか、いっそ男の36回払いでヨンニッパに手を出すか…いやいやいやいや、7D購入後も悩みは付きません。

忘れてましたが、18-85mのキットレンズでの作例も載っけておきます。

ISO6400 オリジナル画像
f0191924_0363863.jpg


公称「常用感度6400」は伊達じゃないですね。

実戦での画像もおいおい載っけて行きたいと思います。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-04 09:47 | Hobby'sスタッフレポート

「バードハウス展」のお知らせ

本日10月3日(土)4日(日)の2日間、東京都の神代植物公園バードハウス(巣箱)展が開催されます。
第39回を迎えた「野鳥の巣箱コンクール」の展示が行われます。このコンクールは、東京都内の小・中学生による巣箱の作品を展示するもので、毎回工夫を凝らした力作揃いの巣箱の数々に、野鳥の明るい未来を感じさせてくれます。

コンクール以外にも、メーカーや団体がさまざまな催しを予定していて、

日本野鳥の会による「神代植物公園バードウォッチングツアー」や(株)興和による「デジスコ体験教室」、他にも「鳥のブローチ作り」や「消しゴム版画」を体験できたり、ホビーズも野鳥グッズの展示・販売致しますので、ぜひ神代植物公園までお出掛け下さい。

場所: 東京都神代植物公園
時間: 10:00 - 16:00
交通: 東京都神代植物公園サイトをご確認ください。
入園料: 大人500円 65歳以上250円 中学生200円 小学生以下入園無料
主催: 東京都環境局、NPO法人環境学習研究会、東京コカ・コーラボトリング株式会社、興和株式会社、株式会社文一総合出版

公園へのアクセス・詳細は神代植物公園のページをご参照下さい。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-03 10:40 | イベントのお知らせ

「迷彩フェア」開催します!

Hobby's Worldでは10月10日(土)より、迷彩フェアを開催しますっ!!
当スタッフブログをチェックしていただいている方だけに、その内容をこっそり教えてしまうと・・

【1】[48時間限定] 迷彩ネット大セール!!
【2】[フェア期間中] ブラインド各種をお買い上げの方に特典プレゼント!
【3】[フェア期間中] 迷彩ネットS・M・L 3枚セットが通常¥15,000→¥12,800!

さらに詳しい内容は、近日配信のメールマガジンでお知らせします。
どうぞお楽しみに!
→メールマガジンの購読申し込みはこちらからどうぞ。
(月1回程度、Hobby'sスタッフがポチポチつくってます。もちろん無料です053.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-02 10:13 | 早耳情報!!

「第10回ライチョウ会議東京大会」

「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」
「第10回ライチョウ会議東京大会」で行われるシンポジウムのタイトルですが、結構インパクトが強いですよね。
さてさて、どんな内容なんでしょうか?

「第10回ライチョウ会議東京大会」は、11月3日(火・祝)に東京大学弥生講堂一条ホールで開催されます。
地球温暖化によるライチョウ生息域の減少をはじめ、ライチョウを取り巻く問題に時間の猶予はありません。
”市民向け”とありますので、多くの皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

〈講演会〉
「ライチョウを取り巻く課題」
〈シンポジウム〉
「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」
〈講演〉
「日本のライチョウの現状と課題」(中村浩志氏/信州大学教育学部教授)
「域外保全の課題」(伊東昌義氏/恩賜上野動物園飼育展示課長)
「ライチョウと文化について」(国松俊英氏/作家)
「日本のライチョウと山」(柳生博氏/日本野鳥の会会長)
「域外保全事業の現状と方針」(塚本瑞天氏/環境省野生生物課)

●応募方法
ハガキ、ファックス、メールのいずれかで、下記事項を明記して申し込み下さい。(締め切り:10/16 応募多数の場合には抽選)
・「第10回ライチョウ会議東京大会」
・希望者全員の氏名・年齢(学年)
・代表者の住所・氏名・電話番号
〈はがき〉
110-0007 台東区上野公園9-83 東京動物園協会 ライチョウ会議シンポジウム 係
〈ファックス〉
03-3828-8237
〈メール〉
lagopus@tokyo-zoo.net

お問い合わせ
東京動物園協会 協働事業係
03-3828-8235
[PR]
by hobbysworld | 2009-10-01 09:18 | イベントのお知らせ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧