これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ライカサマーキャンペーンのお知らせ!

ライカJCBギフトカードプレゼントキャンペーンは本日最終日です。
ところが、明日8月1日から9月30日まで、「ライカサマーキャンペーン」となって、再スタートの知らせが届きました。
またか!のご意見もございますでしょうが008.gifなかにはプレゼントされるギフトカードの金額がアップしたアイテムもあります。

対象商品はライカのカメラボディーなど多岐にわたりますが、Hobby's Worldで扱っているのは、高性能な双眼鏡たちです。

【ホビーズ取扱対象商品】 
※ ()内は、プレゼントされるJCBギフトカードの金額です。

トリノビット8x20BCA   (¥3,000-)
トリノビット10x25BCA   (¥3,000-)
ウルトラビット8x20BR    (¥4,000-)
ウルトラビット10x25BR    (¥4,000-)

こちら↓がプレゼントされるギフトカードの金額がアップした双眼鏡

ウルトラビット8x32HD     (¥23,000-)
ウルトラビット10x32HD   (¥23,000-)
ウルトラビット8x42HD    (¥23,000-)
ウルトラビット10x42HD   (¥23,000-)

本日までのキャンペーンはこちら。新しいページはただ今準備中です。
http://hobbysworld.com/hpgen/HPB/entries/41.html

7月27日まで募集していました「ライカ双眼鏡モニターキャンペーン」の方は、応募総数300件超!
やはり関心が高かったようですね。
f0191924_1122078.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-31 11:10 | キャンペーンのお知らせ!

野鳥の会新型ブラインド「RAIN」入荷しました!

f0191924_12343678.jpg
このブログでも再々お知らせしていました日本野鳥の会 新型ブラインド「RAIN」が入荷しました。サイズがサイズなだけに、店内に常設と言うわけにはいきませんが、すぐに広げてお見せできるよう準備をしておきます。
Hobby’sスタッフは皆さんの前でスマートにサッサッと!できるよう、練習練習017.gif
設営は非常に簡単ですが、畳んでケースに収納するときには、コツがいるようです。

締め切り間近となりましたが、7月末日まで、ご予約・ご購入いただくと迷彩ネットSまたはアルミ三脚チェアのプレゼントを実施中です。

f0191924_18341775.jpg


今から買っても...
時期は確かに良くありません。
中で辛抱していると“熱中症”にかかる可能性が大です。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-30 12:23 | 新入荷!!

長島 充 野鳥版画展

長島 充さんと言えば、月刊BIRDER連載「古語りの野鳥たち」の挿絵などでその作品を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
写真やイラストとはまた違った、版画ならではの重厚な存在感のある作品は、どれも見ごたえがあります。
今回の版画展では、銅版画、木口木版画、木版画約40点が展示されるそうです。
しかも会場はお馴染み「谷津干潟自然観察センター」です005.gif
丁度、シギ・チドリの秋の渡りの最盛期と重なる時期ですから、干潟観察後にゆっくりと版画展・・というコースがおすすめです。同センターは屋内から干潟が観察できますから、猛暑日や急な雨!でも安心です。

「長島 充 野鳥版画展」
場所:谷津干潟自然観察センター
   月曜休館 9:00~17:00(入館は16:30まで)
会期:2009年8月1日(土)~8月16日(日)
※2、8、9、15日、16日午後には長島さんご本人も会場にいらっしゃるそうです。
→アクセス・詳細はこちら
f0191924_1611953.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-30 09:51 | イベントのお知らせ

大磯のアオバト

関東地方では梅雨があけているものの、すっきりとした058.gifは、なかなかありませんね。
この暑い時期「何処へ行ったらよいのやら?」と言う話が良く出ます。

そこでオススメ探鳥地をご紹介します。
神奈川県大磯 照ヶ崎
JR東海道線大磯駅から徒歩15分ほどです。
一番の目当てはアオバト。他にはハヤブサ、イソヒヨドリ、クロサギが見られる日も。(この日は残念ながら...)
f0191924_103838100.jpg

アオバトが海水を飲みに、目前の磯・岩場に飛来します。早朝には100羽近くの群れが見られることもあるそうです。

f0191924_10385798.jpg

探鳥地ではありますが、そこは磯!潮溜まりのなかには魚やカニを探して遊んでいる人がたくさんいます。こっちの方も興味が沸きますね。

磯に人が上がっているとアオバトは遠くの縁や岩に降りるので、デジスコが丁度よい距離になります。波が高く(天気予報で波の高さ2mとか波浪注意報が出ているとき)人が近寄れないときには目前に来るので、群れごと取るなら焦点距離300mmまでのレンズが良いでしょう。特に打ち寄せた“波バック”が狙い目です。

注意しなければいけない点は、ここには日陰がないので日焼け・暑さ対策が必要です。西湘バイパスのガード下しか、逃れようがありません。飲み物など十分用意してお出掛けください。
群れを撮影するのが目的であれば、波が高めの日を選べばよいですが、突如大きい波が来る可能性もあるので用心が必要です。お昼近くには逆光になるので、朝から正午ぐらいまでの計画で十分楽しめるでしょう。
夏休みの子供が沢山、磯と砂浜に遊びにきています。満喫させてあげたいですね。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-29 12:35 | 探鳥

阪神百貨店 「ホーホーふくろう展」

今日は関西のイベントのご案内です。
29日(水)より、阪神百貨店 梅田本店にて、「ホーホーふくろう展」と題した展示即売会が開催されます。
なんと、フクロウの雑貨や工芸品が約10,000点集合すると言いますから、フクロウ好きには堪りませんね。本格的なアート作品から数百円のストラップまで、商品も幅広く、夏の贈り物に適したものも多いようです。

場所:阪神百貨店 梅田本店 8階催場(最終日は午後5時まで)
会期:7月29日(水)~8月4日(火)
→詳細はこちらからどうぞ(阪神百貨店HPへ)
[PR]
by hobbysworld | 2009-07-27 10:08 | イベントのお知らせ

ベンロとウィンバリープレートの互換性は?

ベンロ ジンバル雲台GH-1・GH-2は発売以来、大変な反響です。特に超望遠レンズが搭載できる大きい方GH-2は、メーカーでも予想していた以上の売れ行きのようで、品切れしないよう空輸しているそうです。
そんなGH-2のお問い合わせで一番多いのが「ウィンバリーのプレートは使えるの?」これです。
ご存知のように、ベンロのジンバル雲台は、ウィンバリーのそれとそっくりです。すでにウィンバリーをお持ちの方が、サブ機としてベンロをお求めになる場合も多いようなので、その辺りをレポートします。

f0191924_10103291.jpg

形状は同じで、ウィンバリー用プレートとベンロ ジンバル用プレートPL-100PU-150は、互換しています。

ただ、裏側を見ると、ちょっと違います。ウィンバリーのは肉厚ですね。
写真上:ベンロ 下:ウィンバリー
ベンロの裏側は、ほぼフラットなのに対してウィンバリーでは専用のネジの頭の大きさに合わせた溝があります。
f0191924_10113115.jpg


他にも、ベンロプレートには脱落防止用の小ネジが付いていたり、1/4インチネジ(4mm六角レンチ仕様)の頭部分が大きい点が異なります。また、ベンロのネジはウィンバリーには使えず、逆(ウィンバリー→ベンロ)は使えます。
なので“完全互換”とは言えません。
「ベンロのネジをパーツで取り寄せて、ウィンバリーに流用すると、ちょっと安くなるかな?」
残念ですが、これはできません。007.gif

写真左:ウィンバリー 右:ベンロ
f0191924_10191268.jpg

同じ1/4インチネジで4mmの六角レンチで締めるタイプです。


ベンロジンバル雲台も対象となっている、「2009夏のセール第2弾」もいよいよ残り僅かです。新たに加わった「迷彩柄バージョン」も見逃せませんよ。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-26 10:45 | お問い合わせに答えます!

夏休みにピッタリなおすすめ書籍!!

幼少の頃は学校が夏休みに入ると決まって山へ行き、朝早くからカブトムシさがしに駆けずりまわった思い出があります。
近年はカブトやクワガタが棲めるような里山も減ってきていて、昆虫少年たちにとっては苦しい環境になってきてしまいましたが、今でも行くところに行けば、虫かごを握り締めたお子さんの姿は健在なのでしょうか。
そんな昆虫少年たちに教えてあげたい図鑑が、「樹液に集まる昆虫ハンドブック」です。
f0191924_1718073.jpg

この図鑑はオオクワガタやカブトムシ、オオムラサキなどの樹液に集まる昆虫84種とクヌギ、コナラなど樹液をよく出す樹木11種が紹介されたフィールド図鑑です。
森のレストランとも言われる"樹液"にスポットを当て、昆虫と樹木の両方をハンドブックサイズにまとめた嬉しい一冊です。
→「樹液に集まる昆虫ハンドブック」の詳細・購入はこちら

さて、子供たちにとって夏休みといえば、虫捕りと並んで代表的なイベントが"海水浴"です。海で泳ぎ疲れた後は親子揃って波打ち際で貝殻拾いなんていかがですか?
「きれいな貝みつけたぁ」と瞳を輝かせながら差し出された貝殻の名前を調べられると、ますます子供は興味を持ってくれるハズです。
「海辺で拾える貝ハンドブック」は海辺で拾える貝殻150種を収録。
f0191924_1718407.jpg

拾った貝の名前を気軽に調べられるように、様々な工夫がされています。とくに標本写真は磨耗の進み具合も考慮されていて、磨耗が進んだ個体を左に、右方向には新鮮な状態の個体が載っています。また、絵合わせの助けとなるよう原寸大の写真も用意されています。
→「海辺で拾える貝ハンドブック 」の詳細・購入はこちら

この夏は2冊のハンドブックをお供にお子さんとご一緒に山野や海を駆けずりまわってはいかがですか?
もちろん、山野や海辺のバードウォッチングのお供にも最適です003.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-25 09:18 | おすすめ書籍

Hobby's 周辺グルメガイドVol.4 イタリア料理「ベーネ ベーネ」

f0191924_15515671.jpg今回のグルメガイドは、イタリア料理をお腹いっぱい食べられるお店のご紹介です。
Hobby's Worldから徒歩2分、そう、あの近江屋洋菓子店や、有名な志乃多寿司の並びにあるお店です。
ここのおすすめはなんと言ってもランチです!(というか、ランチタイム以外にお邪魔したことがありません・・すみません)ボリューム満点の前菜盛り合わせからメイン、ドリンクまでついて、850~1,000円位で食べられます。
f0191924_155285.jpg私が訪れた日は、メイン料理は、ピザ2種類、パスタ、お肉の4種類の中から選ぶことが出来ました。
とにかく全てがボリューム満点!堅苦しさのないお店の雰囲気も手伝ってか、女性の一人客から、中年サラリーマンのグループまで、客層も多彩です。
「こんなに食べられるかしら・・」と不安がる女性客に、「お客様が丁度良い分だけ召しあがってください。残されてもお気になさらないでくださいね」と、丁寧に声をかける店員さんの姿が印象的でした001.gif
→ベーネベーネさんのHP    
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-24 10:39 | Hobby's 周辺グルメガイド

コーワ 660/600シリーズ30倍接眼レンズでFC100は使えないの?

今バーダーの間では、コンパクトタイプの小さな筐体に、秒間30コマの高速連写や,
撮り逃がし防止を強力にサポートするパスト連写など、野鳥撮影に最適な機能満載のカシオ FC100を用いたデジスコシステムが大人気となっています。
「ちょっと遊びで使ってみようかな」という方には最適のシステムですが、おすすめできる接眼レンズがロングアイレリーフタイプということもあり、
「新しく接眼レンズやらシステムを買い足すのはちょっと・・・」とためらわれている方も多いのではないでしょうか?

先日、すでにコーワ 660/600シリーズのプロミナーに30倍の接眼レンズをお持ちで、「多少ケラレてもいいので、FC100を使いたい!」ということでご購入されたお客様もおられましたが、この場合、ご使用にあたっては注意点がございますのでお知らせします。

このシステムですと、W端(合成焦点距離1110mm)であれば、ケラレなくご使用いただけますので、ズームレバーには触れずにW端で割り切って使われるのが、撮影は可です。
ズームも多少は可能ですが、ズームしすぎると勢い余ってFC100のレンズが接眼レンズに接触してしまい、FC100の液晶に"電源を入れなおしてください。"といったエラーメッセージが表示されてしまいます。カメラのような精密機械にとっては大きな負担になり、故障の原因になりかねませんので、くれぐれもズームの操作の際には、細心の注意を払ってお使いになってください。
f0191924_12595664.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-23 10:08 | お問い合わせに答えます!

次回のダーウィンはライチョウが主役!

バーダーの間では、「最近ずいぶんと鳥の特集が多くない?」と評判の(笑)、「ダーウィンが来た!生き物新伝説」ですが、次回の特集は立山で生きるライチョウが主役です。
必見は、私達が普段は殆ど目にすることのできない、ライチョウの冬の姿。冬の立山は、氷点下20度、積雪20mにもなる過酷な環境です。そんな中で、雪と全く同じ純白の羽毛をまとったライチョウを探し、追い続けることがどれだけ大変な作業だったか・・取材スタッフさんたちには本当に頭が下がります。
そんな苦労の末撮影に成功した映像とは・・今回はぜひ、取材ウラ日記を読んでから本放送をご覧下さいね。

→ダーウィンが来た!第158回 「わたし ライチョウ 雪の鳥」ページはこちら
→「取材ウラ日記」はこちら
[PR]
by hobbysworld | 2009-07-22 12:10 | ミミより情報
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧