これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

あの大人気ジンバル雲台に迷彩柄が登場★

迷彩好きな方に朗報ですemoticon-0157-sun.gif
圧倒的なコストパフォーマンスと野鳥の飛翔写真などの"飛びモノ"に対応する、確かな操作性で発売以来大人気のジンバル雲台ベンロ GH-2に、なんと迷彩柄タイプが発売されましたemoticon-0104-surprised.gif
f0191924_1052497.jpg

迷彩柄の装い以外の性能や仕様はGH-2そのまま受け継いでいます。

価格は販売価格で6千円程高くなってしまいますが、他人とは違ったものを揃えたいという方や機材をよりフィールドの景色に溶け込ませたい方、もちろん、迷彩に愛着がある方にもオススメですemoticon-0148-yes.gif

ちなみに、入荷は2週間後程度を予定しています。ご期待下さいemoticon-0159-music.gif

すでにGH-2やウィンバリーをお持ちで、2台目のジンバル雲台をご検討の方は、一味違った迷彩バージョンはいかがですか?
f0191924_10551487.jpg


ベンロ GH-2 迷彩柄のご購入はこちら

追記:GH-2の弟分にあたるGH-1の迷彩バージョンもサンプルが届きましたので、後日お知らせします。お楽しみにemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-29 11:18 | 新入荷!!

MCNETT カモフォーム・・・使用感は?

マジックテープ(面ファスナー)のように、重ねたところだけ貼り付くMCNETT カモフォームも、自分の機材キヤノン300mmF2.8に巻きつけ早2ヶ月。経年劣化を見るには、期間が短か過ぎますが、今のところどう?これを報告します。
使っているペースは週一回(火曜日です!)、パキッと晴れた炎天下にはさらしていないですが、変化は見られません。切った端からめくれてくるかと思いますが、今のところ大丈夫のようです。ただ、重なっていないところはフードの塗装のツルツル面なので、ザックから取り出すときにズレたりしてます。天体望遠鏡などの滑らかな筒では、もっと動き易いでしょうね。

同じ日に、店頭展示のコーワTSN-664のフード部分にも一巻きしていました。こちらはたくさんのお客様に触っていただいているし、南向きの店内にはガラス越しですが太陽が燦・燦emoticon-0157-sun.gif
コチラのほうは、少しベタッベタッとして来ました。

f0191924_10375959.jpg

近所の田んぼです。ここ3年ぐらいは田植えが6月に入ってからと、遅らせているようです。
その方が実りがよいのかなemoticon-0138-thinking.gif昨年は見たことがないくらい、重たそうな稲穂でした。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-28 09:41 | Hobby'sスタッフレポート

2009夏のセール第2弾!!はじめました。

本日より、2009夏のセール第2弾〔★コーワセール★〕をスタートします。

内容は、人気のスコープ(今回は本体のみも・・)TSN-664TSN-774TSN-884
海外製品にも全く引けをとらないと評される、最上級双眼鏡「GENESIS」の8x33、どれも台数限定ですが、いつもより、さらにお求めやすい価格で提供いたします。  

(こちらはHobby'sメンバーズカードのポイント対象外emoticon-0139-bow.gif

他には、高速連写が話題のカシオEX-FC100と相性の良い、ロングアイレリーフ接眼レンズかフォト&ビデオアダプターを組み合わせたセットをご用意しました。(こちらは通常通り、現金でのお支払い・お振り込みの場合にはHobby'sメンバーズカードのポイント対象です)

f0191924_101547.jpg


まだまだ、セール第1弾も続行中ですよemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-27 10:43 | お買い得!!

“トリ”扱いステッカー

なんとも洒落の効いたステッカーが入荷しました!
f0191924_1015427.jpg

見て下さい、ワレモノや光学機器が宅配される際にお馴染みの「取扱注意」ステッカー、それがこんなにおちゃめになっちゃいました。
実はこのステッカー、昨年の我孫子バードフェスティバルで見つけて、即購入していた私・・。そうしたら今回、作家さんの方から、「ぜひHobby'sさんで扱っていただければ・・」ととっても嬉しいオファーをいただき、即発売!となった訳です。
ぜひ愛用の機材や携帯電話に貼って、注目と笑いを集めてくださいねemoticon-0136-giggle.gif
→「トリ扱いステッカー」ご購入はこちら
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-26 10:19 | 新入荷!!

野鳥の会新型ブラインド続報!!

昨日速報でお知らせしました、日本野鳥の会新型ブラインド、その名も「RAIN」の画像が入手出来ましたので、お知らせします。
f0191924_10155760.jpg

生地は、耐水圧1000mmのモノが使用されていますが、防水をうたってはいません。短時間の小雨なら凌げる?くらいのイメージなのでしょうか。実際、野外で水道水を勢い良くかけて試したところでは、浸水は認められなかったそうです。
また、組み立てもワンタッチとは行かないようですが、慣れれば1分で設営できるそうです。

左側が新型の「RAIN」 右側が旧来のワンタッチ迷彩ブラインド(晴天用)


以下、日本野鳥の会さんから頂いた説明文を転載します。
--------------------------------------------------------------------------------
商品名:野鳥観察ブラインド「RAIN」 ¥24,150-(税込)
●多くのお客様から「雨天時にも使用できるブラインドが欲しい」という声をもとに、製作しました。生地は耐水圧1000m/mのものを使用し、縫製部分は防水テープで加工しています。但し「完全防水」ではありません。また、ブラインド内部が結露する場合があります。
●組み立て、収納は1分程度です。
●両サイドにある覗き穴(メッシュ)
部分は、雨天時には透明シートでふさぐことができます。
●従来のワンタッチ迷彩ブラインドに比べ、幅と奥行を約20cm広げ、荷物をテント内に入れたり、 ゆったりと観察や撮影を楽しむことができるスペースを確保しました。
※実際の迷彩パターン・色は写真と異なる場合があります。予めご了承ください。
※極端な接近は野鳥の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。無理は接近はせず、 十分な距離を保ち、必ずフィールドマナーを守って使用してください。

■サイズ(約):幅130×奥行130×高さ150cm、収納サイズ:長さ77×径14cm
■素材:生地:ポリエステル(耐水圧1000m/m)、フレーム:FRP、スチール
■重量(約)4kg ■付属品:ペグ12本 ■製造:コールマンジャパン㈱

--------------------------------------------------------------------------------
ただ今、先行ご予約を承り中です。
底辺が130㎝四方と大きくなったので、超望遠レンズ+一眼レフのシステムでも、中は余裕ができそうですね。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-25 10:36 | 早耳情報!!

超速報っ!!新ブラインド発売情報!

本日2本目となるブログですが、ニュースが飛び込んできましたので、いち早くお知らせします!
日本野鳥の会から、“耐水圧1000mmの生地を使ったブラインド”が新しく発売となることに決まったそうです!発売時期は8月頃と、まだ少し間がありますが、唯一の防水ブラインドだった、「モンベルカモワッチブラインド」が生産を終了してしまって以降、耐水性を持ったブラインドが発売するのは初めてのことです。
商品の詳細や画像が手に入り次第、続報をお届けしたいと思います!どうぞ、ご期待くださいemoticon-0116-evilgrin.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-24 11:28 | 早耳情報!!

地球ドラマチック「ハトって天才」

ホビーズでもお世話になっている、谷口高司さんからのインフォメーションです。

6月25日(木)19時~NHK教育テレビで、地球ドラマチック「ハトって天才」が放映されるそうです。
谷口さんも、鳥類監修としてお手伝いされたそうですので、ぜひご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/dramatic/

ハトは愛玩用やレース用として愛されているだけでなく、軍事用としても使われた過去があります。
こうして考えると、人間との関わりはスズメやツバメなどとは比較にならないほど、密接なものだったんですね。

でも、ハトって本当に天才???????
疑問に思った皆さん、番組を見てみましょうね。
[PR]
by hobbysworld | 2009-06-24 10:26 | ミミより情報

スワロフスキー新型ズームアイピース入荷しました。

昨年には発表され、今か今かと待たされていたスワロフスキー ズームアイピース25-50xWが、6月20日に発売となりました。
従来の20-60xズーム接眼レンズに比べ、25倍で25%、50x倍では20%、視野を広げてあるとメーカーが説明しています。近日、フィールドテストをしてきます。
汚れが付きにくく、付いても落としやすい“撥水コート”が付加されたのも嬉しいポイントです。接眼レンズって、つい、ちょっと指で触っちゃうことがありますよね。(指紋がベタッ!)

スワロフスキー ズームアイピース25-50xW

買い足そうかな?ネックはやはり、その価格ですね。
定価 ¥94,500-emoticon-0125-mmm.gif 
Hobby's価格 ¥89,770-(税込)
emoticon-0138-thinking.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-22 11:15 | 新入荷!!

ジメジメや暑さからの逃避行に北の大地はいかが?

ジメジメとした梅雨が終わっても、今度は日照りの厳しい季節が待ち構えている東京ですが、

こんな時はいっそ鳥見も兼ねて北の大地に行ってしまいたいものですemoticon-0102-bigsmile.gif

とはいえ実際に行くとなると、そう簡単には行きませんが、せめて北の大地の美しい写真を見て、しばしの逃避行などいかがですか?

北海道の動植物や地域、生態系などのテーマをとりあげ紹介している季刊雑誌の「faura(ファウラ)」の夏号が発売になりました。

f0191924_1058440.jpg

2009年夏号の特集は バードウォッチャーに密かに注目されている「北の"二つ島"礼文・利尻」です。

礼文島といえば、クリーム色の可憐な花を付けることで人気のレブンアツモリソウが有名ですが、違法な盗掘の影響で、大きく数を減らし、現在はレッドデータブックで絶滅危惧ⅠB類に指定されています。近年では盗掘は減ったものの、外来種との交雑など、遺伝的な汚染なども懸念されているようです。

また、「利尻駒」と呼ばれ、鳴禽家の間で評価の高いコマドリの話題や、二つの島で出会える鳥たちの紹介などの野鳥情報も満載です。


→ファウラ 24号 のご購入はこちらからどうぞ。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-21 11:04 | おすすめ書籍

"カリカリシャープ"に撮る為に!

皆さんこんにちは新人の岩本です。
スタッフやお客様皆さんに温かく見守っていただいたおかげで、なんとかデジスコシステムを手に入れることができましたemoticon-0115-inlove.gif
早速、雨の合間を縫って自分のフィールドで実戦投入してきましたので、レポートしてみたいと思います。デジスコ初心者が陥りやすい罠に例のごとく掛かってしまいましたemoticon-0106-crying.gif

題して「デジスコの世界への第一歩 ~挫折と希望の光~」編…です。

まずはじめに私がチョイスしたシステムの紹介です。
【スコープ】
コーワ TSN-774 
明るさ(口径77mm)と携帯性(1.3kg)のバランスがよく、拡張性にも優れた人気のスコープ。
【接眼レンズ】
コーワ TE-17W 
使いやすい30倍の単焦点接眼レンズ
【デジタルカメラ】
ニコン クールピクス P6000 
連写が遅いと評判ではありますが、それほど気にはなりませんでした。
【アダプタ】
デジスコドットコム VCA-P6000 
スコープとデジタルカメラとの相性や適合情報が掲載されているデジスコドットコムのサイトのカプラー適合表によると、カプラーに付いている目盛は4mmが最適とのこと。
デジスコドットコム P2
接眼レンズをカプラーに接続するためのアダプターです。
【三脚】
スリック プロフェッショナルLEⅡ
自重5kg程度の一昔前の重たいアルミ三脚です。
【雲台】
マンフロット #128RC
スタッフから譲ってもらったビデオ雲台です。既存の3ウェイ雲台と比べると動きの滑らかさが雲泥の差です!ただ、カウンターバランスはついていないので、私のシステムでは、高い位置に向けると、少しずつ動いていってしまいます。

本当はソニーのサイバーショットW300で組みたかったのですが、既に生産終了しているようで、現役バリバリのP6000を選択しました。とはいえ、店頭のデモ機を触った今だったら、いろいろ遊べて、使える機能満載のカシオのFC100コーワ TSN-DA100の組み合わせを選ぶと思います…。

というわけで、デジカメが届いてシステムが揃った数時間後にはフィールドに立っていましたemoticon-0159-music.gif

記念すべき一枚目に撮った鳥は、
f0191924_1254219.jpg

ゴイサギです。普段の常用レンズが400mmF4.5(画角は560mm)なので、あまりにも大きく写ることにしばし感動emoticon-0104-surprised.gif
ちなみに、デジスコのテレ端時(合成焦点距離3360mm)と比較すると、焦点距離の差はおよそ6倍!!にもなります。

川に出てくると運良くカワセミに出会いました!昔はひたすらカワセミを追いかけまわしていましたが、大きくても豆粒くらいにしか写らないので、余程条件が良くない限り、スルーするようになって久しかったのですが・・・。
デジスコがあれば、今まで撮ったことのないくらいアップのカワセミが簡単に撮れちゃいます!手応えもバッチリ!
…と調子に乗っていたのも束の間。帰宅して撮ってきた画像をチェックしてみると…
f0191924_1263478.jpg

なんか全体的に画像がネムい!?
ピントはきているようなのだけれど、どの画像もモヤっとしているような・・・。

志賀店長が常日頃から口癖のように言っている"カリカリにシャープな画"とは程遠い画像…うーんなぜ??

さて、翌日からはなぜシャープな写真が撮れないのか頭の中で激論が交わされ、仕事が手に付きません(汗)
結局、原因として思い当たることは、シャッターを切るときに、スコープが重みで少しずつ動いてしまうのを防ぐ為に、レリーズと一緒にパーン棒も押さえてしまっていたということ。
脚周りもしっかりしている上、機材も実績のあるものなので、手の振動が原因(カワセミを見ると興奮してしまうのでしょう)と推測。

というわけで、この日の合言葉は"おさわり厳禁"です!
天気は午後から雨の予報で、朝がチャンスとばかりに5時起きでフィールドへ向かいます。
到着すると、すでに、ヤナギの木の奥でカワセミが待っていてくれています!
大急ぎで機材をセットし、撮影開始!
興奮してついパーン棒に手が伸びてしまいますが、そのたびに"お触り厳禁"を心の中で唱えつつ連写を続けます。
液晶フードを通して見る撮影画像も良い感じです。
カワセミとの距離は15メートル程度ですが、時折チラっと見る程度で警戒心も薄く、じっくり撮らせてくれました。おかげで、ワイド端、テレ端、ムービー、デジタル一眼と一通りの作例画像を試させてくれて大感謝です。

というわけで、帰宅後画像を見てみると・・・
f0191924_1291854.jpg

前日のモヤケ画像から大きく進歩を遂げた"カリカリシャープに近い画"が撮れました。
ワイド端 ※四隅がケラレます。
f0191924_1305356.jpg

テレ端 ※若干ケラレるそうですが、ほとんど分かりません。
f0191924_135454.jpg

ちなみに、400mmF4.5で撮るとこんな感じ。その鳥が棲んでいる環境も含めて写すことが出来ます。
f0191924_1363671.jpg
 

いかがでしょう?撮影する時に少し注意してレリーズするだけで、こんなにも画像に差が出てくることがお分かり頂けたでしょうか。
拡大画像 (上:改善前・下:改善後)
f0191924_1272829.jpg

f0191924_1302130.jpg

もし、皆さんの中で「うーんイマイチ画像がシャープじゃないな」とお悩みの方がいましたら、
ぜひ"おさわり厳禁"を心の中で唱えてみて下さい。

また、三脚や雲台といったしっかりとした脚周りの重要性も身に染みて感じました。どの角度でもカウンターバランスを効かせてピタリと止まるよう、余裕のあるシステムをお選び頂くことが"カリカリシャープな画"を得るための近道になると思います。

ホビーズではブログやメールマガジンで告知している通り、本日よりジッツォ・マンフロット雲台三脚限定得価ベンロのジンバル雲台や三脚ご購入で迷彩ネットSプレゼントセールを実施していますので、この機会をくれぐれもお見逃し無きようご一考くださいませ。

出来上がった画像の中の野鳥たちは、今までより、より澄んだ瞳でシャープに写りこんでくれるハズですよ!
f0191924_1445274.jpg

※掲載画像は、拡大画像と最後の写真を除き、ノーレタッチ、ノートリミング、リサイズのみです。
最後の画像はSilkeypixにて現像処理を施しました。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-06-20 09:47 | Hobby'sスタッフレポート
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧