これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:イベントのお知らせ( 53 )

阪神百貨店 「ホーホーふくろう展」

今日は関西のイベントのご案内です。
29日(水)より、阪神百貨店 梅田本店にて、「ホーホーふくろう展」と題した展示即売会が開催されます。
なんと、フクロウの雑貨や工芸品が約10,000点集合すると言いますから、フクロウ好きには堪りませんね。本格的なアート作品から数百円のストラップまで、商品も幅広く、夏の贈り物に適したものも多いようです。

場所:阪神百貨店 梅田本店 8階催場(最終日は午後5時まで)
会期:7月29日(水)~8月4日(火)
→詳細はこちらからどうぞ(阪神百貨店HPへ)
[PR]
by hobbysworld | 2009-07-27 10:08 | イベントのお知らせ

ワイルドライフアート展”里山の生きものたち”

f0191924_16421260.jpg
すでに梅雨入りした地域にお住まいの方もいらっしゃることでしょう。
ここ東京でも梅雨の気配が感じられ、蒸し暑いですね。

外は雨模様だし、山はハルゼミの大合唱で鳥の声も聞こえないという時には、展覧会にでも出かけてみましょう。
東京の新宿では、JAWLASの会員が、アーティストの視点で描く里地・里山の野生生物をテーマに、展覧会が行われます。
皆さんもご存知の方々が出品されますので、どうぞお気軽にお出かけください。

●期日:2009年6月9~14日
●場所:新宿御苑インフォメーションセンター アートギャラリー
●問い合わせ:日本ワイルドアート協会 03-3604-1627
[PR]
by hobbysworld | 2009-06-06 10:07 | イベントのお知らせ

バードカービング展2本立て!

皆さんは、本格的なバードカービング作品をご覧になったことがありますか?
恥ずかしながら私、小学校の図工の時間に彫ったインコ(荒削りの木片に色鉛筆で着色するという、なんとも力技な作品でした)のイメージが強かったせいか、どこか稚拙なもののようなイメージを持っていました。
ところが、ジャパンバードフェスティバルで、本格的な作品を目にし、それまでのイメージが全く間違っていたことに気づかされることとなりました。
羽根の一枚一枚まで細密に再現された作品の、驚くほどの躍動感と美しさ。それを作り上げるまでの膨大な時間に思いをめぐらせると、もう「すごい」という言葉しか出てきません・・

そんなバードカービング展が、来月早々に2箇所で開催されます。
●全日本バードカービング展2009
期日:6月1日(月)~6月7日(日) 入場無料
時間:9時~17時(最終日は16時30分まで)
場所:東京都美術館(上野公園内) 地下3階 第2彫塑室
主催:日本バードカービング協会(JBCA)http://homepage2.nifty.com/jbca/
2008年のコンクール受賞作品が約100点も展示されます。上野といえば、動物園や阿修羅像も見ることができますから、1日では足りないかも知れませんね。

● 〔野鳥を知るバードカービング展「北海道の自然」〕
期日:6月2日(日)~6月7日(日) 入場無料
時間:9時~16時30分(最終日は15時30分まで)
場所:新宿御苑インフォメーションセンター・アートギャラリー
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
照会先:鳥の工房つばさ 電話03-3428-4106
こちらは「北海道の自然」というテーマで、約90点のカービングが展示されます。写真やパネルまで駆使して北海道の自然を表現するそうですよ。

f0191924_10355217.jpg

[PR]
by hobbysworld | 2009-05-25 10:37 | イベントのお知らせ

「風車と鳥」問題のコンセンサスに向けた公開討議

期日が迫ってますが、まだ大丈夫だそうです。(少しでも早い方がいいと思い、14日分をフライングしちゃいました)
風力発電と鳥との関わりに関心のある皆さん、いい機会ですよ。

■概要
日時:2009年5月16日(土) 13:00 - 16:30 (12:30より受付)
主催:環境エネルギー政策研究所(ISEP)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 417号室
定員:300名(事前予約制)
会費:無料
後援:環境省、経済産業省、東京都、風力発電事業者懇話会、日本風力発電協会、日本野鳥の会、WWFジャパン、グリーンピース・ジャパン(いずれも予定)

■開催趣旨
加速化する地球温暖化への対策として、CO2排出のない風力発電が世界中で急速に導入されています。すでに世界全体で1億2500万kWを超える風力発電所が存在し、今後も拡大していくと考えられます。
こうしたなか、普及が滞っていた国内でも、導入は進んでいくと考えられます。

一方、風力発電施設と自然環境や景観の保全との利害が対立する場合もあります。特に、希少鳥類などへの影響については、合意形成が困難な状況にあります。これに対して行政機関等での検討も行われていますが、未だに充分な合意や解決のための制度整備に至っているとは言い難い状況です。

問題は、具体的な方策を見いだすことであり、「風車か鳥か」といった素朴な対立図式から脱却することです。

今回のシンポジウムでは、自然エネルギー開発側、鳥類保全の立場の研究者やNGO、気候変動および持続可能なエネルギー研究者・NGOなどの関係当事者で積み重ねてきた討議と、その結果である「鳥類の保全と風力発電に関するコンセンサスに向けた提言」(風鳥コンセンサス文書)をベースに意見交換を行い、風力発電と自然保護を巡る問題への解決の糸口を探ることを目的とします。

■プログラム
12:30 開場
13:00 開会挨拶および問題フレームの提示 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
13:20 「鳥類の保全と風力発電に関するコンセンサスに向けた提言」の説明 丸山康司(東京大学教養学部)
13:40 討議1 1、「リスク認識」を巡って 2、「共通認識」を巡って
15:00 休憩
15:15 討議2 3、解決に向けたアプローチ論 4、なお残る課題の整理
16:20 閉会挨拶 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
16:30 閉会
* 討議内容の詳細・更新情報等については当研究所のHPにて随時更新いたします。
http://www.isep.or.jp/

■登壇者(敬称略)
・飯田 哲也 (環境エネルギー政策研究所 所長)
・丸山 康司 (東京大学教養学部)
・古南 幸弘 (日本野鳥の会 自然保護室)
・橋川 小幸里 (エコ・パワー株式会社)
・谷口 信雄 (東京都環境局再生可能エネルギー担当)
・鈴木 亨  (北海道グリーンファンド)
・白木  彩子 (東京農業大学生物産業学部)

■お申し込み・お問い合わせ
テーマに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
タイトルを【5月16日シンポジウム】とし、以下の内容を事務局(sympo2009@isep.or.jp)までご連絡ください。
------------------------------
・お名前
・ご所属
・連絡先(e-mail等)
-------------------------------
事務局:環境エネルギー政策研究所  仁平(にひら)
E-mail :sympo2009@isep.or.jp
TEL:03-5318-3331 / FAX:03-3319-0330

*事前申し込みをお願いします(定員 300名)。

■会場
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 417号室
〒151-0052東京都渋谷区代々木神園町3-1 小田急「参宮橋駅」より徒歩7分
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-05-14 00:00 | イベントのお知らせ

神田(明神)祭・明日から開催です。セイヤァ!

f0191924_10351548.jpg
神田明神(正式名称は神田神社)は東京の中心である神田、日本橋、秋葉原、丸の内、旧神田市場、築地魚市場など、108町会の総氏神様で、「明神さま」の名でも親しまれています。

その神田明神のお祭は、日枝山王祭と並び、東京の祭の中でも最大規模のものなのです。
今年は明日・5/9~5/15まで、たくさんの行事が行われますよ。
こんな景気の悪い時代ですから、皆さんも、粋で活気のある江戸の祭りを体験してみませんか?

そうそう、今年はなんと、ケロロ軍曹の山車も登場するんです。
「え~っ、伝統ある江戸の祭りになぜアニメが..」とお思いでしょうね。
しかし明神様は、秋葉原の氏神様でもあるんです。
記憶にも新しい、殺傷事件後に元気を失ってしまった街を、氏神様が放っておく訳ないですよね。
さすが、情に厚い江戸の明神様ですね。

神田明神祭・特別サイト↓↓
http://www.kandamyoujin.or.jp/kandasai/h21/index.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-05-08 10:36 | イベントのお知らせ

AKAYAプロジェクト「赤谷ノートの世界」展

「AKAYA(赤谷)プロジェクト」とは、群馬県みなかみ町新治地区(旧新治村)北部に広がる約1万ヘクタールの国有林「赤谷の森」を、地域の住民で組織する赤谷プロジェクト地域協議会及び林野庁関東森林管理局、日本自然保護協会が協定を結び、生物多様性の復元と持続的な地域社会づくりをめざす、協働プロジェクトです。
正式名称は「三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画」というそうですが、地域の総称で「AKAYA(赤谷)プロジェクト」と名付けられたそうです。

この度、プロジェクトの協賛企業である(株)ニコンが企画制作した読本・『赤谷ノート』が完成したことを記念し、丸の内カフェにてイベントが行われています。
5月6(水)・13(水)にはトークセミナー(申し込み制)もありますので、どうぞお出かけ下さい。

●AKAYAプロジェクト「赤谷ノートの世界」展
期日:4月27日(月)~5月17日(日) 
時間:8:00~21:00(平日)/ 11:00~20:00(土日祝)
場所:丸の内カフェ 2F
http://www.marunouchicafe.com/gallery/index.html#0427

「AKAYA(赤谷)プロジェクト」に関する情報↓↓
http://www.nacsj.or.jp/akaya/home.html


こちらは記事に関係なく、この前の定休日に、都民の森(東京都桧原村)まで出かけて撮影しました。遠かったので大トリミングしています。
撮影機材はコーワ TSN-884+TSN-PA6+ニコン D200でした。
f0191924_9331929.jpg

「チイ チヨ ビー」と鳴いてました。
この辺の方言で「少しばかり」は「チットンビー」とか「チットンべー」とか言います。
ちょっと似てますよ001.gif
[PR]
by hobbysworld | 2009-05-03 09:47 | イベントのお知らせ

GWはイベントの宝石箱やぁ

上野では魅力的な「国宝 阿修羅展」が行われており、鳥関係でも、すでにお伝えした「クイナ通り展」、「動物画の奇才・薮内正幸の世界」展が行われるなど、GWはイベントのオンパレードですね。

鳥以外にも、興味深い写真展があります。
紹介するのは、銀座のニコンサロンで行われている今森光彦展【昆虫 4億年の旅】です。
写真集「昆虫 四億年の旅」は、今森さんが30年にわたって、世界の熱帯雨林や砂漠から国内の自然まで、世界中の昆虫を求めて撮影した作品で構成されているそうです。
「既成の生態写真にとらわれない独特な自然観に基づく作品」と評されていますので、今までに見たこともない昆虫の世界が表現されていることでしょう。

★第28回土門 拳賞受賞作品展
今森 光彦展 【昆虫 4億年の旅】4/29 (水)~5/12 (火)...  会期中は無休
10:00~19:00(最終日は16:00まで)
詳細は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.nikon-image.com/jpn/activity/salon/exhibition/2009/05_ginza-1.htm

ちなみに銀座からホビーズワールドへは、丸ノ内線(「銀座駅」乗車→「淡路町駅」下車)を利用し、乗車時間は10分もかかりませんよ。ホビーズから銀座はその逆です(当然ですね037.gif
ホビーズはいつも通り、GW中でも火曜が祝祭日にあたるときでも、火曜日だけお休みさせて頂いております。

また見逃した方のために...

東郷なりささんの「クイナ通り展」
http://homepage2.nifty.com/cafecopains/

「動物画の奇才・薮内正幸の世界」展
http://yabuuchi-art.main.jp/
[PR]
by hobbysworld | 2009-04-29 09:49 | イベントのお知らせ

東郷なりささん“クイナ通り展”

「月刊BIRDER」や、「タカの渡りを楽しむ本」の挿絵などでも活躍されている、東郷なりささんの作品展が、東京谷中のおしゃれなカフェで開催されます。水彩、パステル、コラージュなどの作品は一部販売もされるそうです。
お散歩に最適なこの季節、のんびり谷中散歩はいかがでしょうか?
期間:4月18日~5月1日
(実はなりささん、数日前にHobby'sに来店してくださったのですが、同性の私でもドキドキしてしまう位、とぉーっても可愛い方でしたっ!!010.gif

アクセス、詳細はこちら→カフェ・コパンHPへ
イベント情報をもっと見る→Hobby's ギャラリー・イベントページへ
f0191924_10192032.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-04-09 10:24 | イベントのお知らせ

「動物画の奇才・薮内正幸の世界」展

f0191924_953147.jpg
薮内正幸さんと言えば、月刊BIRDERで「拝啓、薮内正幸様」という名の連載が組まれるほど、野鳥に関わる多くの人々に影響を与えた、日本を代表する動物画家です。
山梨県北杜市にはそんな薮内氏の作品を管理、収蔵、展示する「薮内正幸美術館」がありますが、「行ってみたいけど、ちょっと遠いな・・」と思っていた方に朗報です。

本日、4月4日(土)から5月24日(日)まで、薮内氏のアトリエがあった東京・吉祥寺で「動物画の奇才・薮内正幸の世界」と銘打った企画展が開催されます。また、期間中の4月18日には、息子さんである藪内竜太さんの講演会も予定されています。薮内さんの作品に触れることが出来る、またとない機会を、どうぞお見逃しなく!
(今後、長野でも企画展が予定されています)
会場、アクセスなど詳しくはこちらからどうぞ→薮内正幸美術館HPへ
[PR]
by HobbysWorld | 2009-04-04 09:54 | イベントのお知らせ

いるか丘陵の自然観察会のお知らせ!

“いるか丘陵”ってご存知ですか?
八王子市南部、町田、日野、多摩、稲城、川崎、横浜、逗子、鎌倉、横須賀、三浦の各都市と藤沢市東部、葉山町地域を空から見ると、大小の緑の拠点がイルカの形に連なっているように見えることから名づけられました。「緑の回廊」とも呼ばれ、都心の中に残された自然を守るため、様々な活動が精力的に行われています。

今回は、産卵時にメスが一斉に海に入る生態でも有名な「アカテガニ」が住む、小網代の森の体験会のお知らせが届きました。

【人数限定ガイドツアー】
「小網代の森 まるごと流域体験」
開催日:4月19日、5月17日、6月21日(第3土曜日)
小網代の森を流れる浦の川に沿って、源流から河口までをスタッフの方の説明を聞きながら観察するそうです。おもしろそうですね。
詳しくは、こちらからどうぞ。その他にも沢山のイベントが目白押しです。→
f0191924_104985.jpg

Hobby's Worldでは、いるか丘陵のウォーキングマップや図鑑も扱っています。ゴールデンウィークなど、お子様と身近な自然に親しまれてはいかがでしょうか。
詳しくはこちらからどうぞ。→
[PR]
by hobbysworld | 2009-03-30 10:05 | イベントのお知らせ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧