これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:イベントのお知らせ( 53 )

「バードハウス展」のお知らせ

本日10月3日(土)4日(日)の2日間、東京都の神代植物公園バードハウス(巣箱)展が開催されます。
第39回を迎えた「野鳥の巣箱コンクール」の展示が行われます。このコンクールは、東京都内の小・中学生による巣箱の作品を展示するもので、毎回工夫を凝らした力作揃いの巣箱の数々に、野鳥の明るい未来を感じさせてくれます。

コンクール以外にも、メーカーや団体がさまざまな催しを予定していて、

日本野鳥の会による「神代植物公園バードウォッチングツアー」や(株)興和による「デジスコ体験教室」、他にも「鳥のブローチ作り」や「消しゴム版画」を体験できたり、ホビーズも野鳥グッズの展示・販売致しますので、ぜひ神代植物公園までお出掛け下さい。

場所: 東京都神代植物公園
時間: 10:00 - 16:00
交通: 東京都神代植物公園サイトをご確認ください。
入園料: 大人500円 65歳以上250円 中学生200円 小学生以下入園無料
主催: 東京都環境局、NPO法人環境学習研究会、東京コカ・コーラボトリング株式会社、興和株式会社、株式会社文一総合出版

公園へのアクセス・詳細は神代植物公園のページをご参照下さい。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-03 10:40 | イベントのお知らせ

「第10回ライチョウ会議東京大会」

「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」
「第10回ライチョウ会議東京大会」で行われるシンポジウムのタイトルですが、結構インパクトが強いですよね。
さてさて、どんな内容なんでしょうか?

「第10回ライチョウ会議東京大会」は、11月3日(火・祝)に東京大学弥生講堂一条ホールで開催されます。
地球温暖化によるライチョウ生息域の減少をはじめ、ライチョウを取り巻く問題に時間の猶予はありません。
”市民向け”とありますので、多くの皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

〈講演会〉
「ライチョウを取り巻く課題」
〈シンポジウム〉
「日本のライチョウは守れるか?~山で増やすか、飼って増やすか~」
〈講演〉
「日本のライチョウの現状と課題」(中村浩志氏/信州大学教育学部教授)
「域外保全の課題」(伊東昌義氏/恩賜上野動物園飼育展示課長)
「ライチョウと文化について」(国松俊英氏/作家)
「日本のライチョウと山」(柳生博氏/日本野鳥の会会長)
「域外保全事業の現状と方針」(塚本瑞天氏/環境省野生生物課)

●応募方法
ハガキ、ファックス、メールのいずれかで、下記事項を明記して申し込み下さい。(締め切り:10/16 応募多数の場合には抽選)
・「第10回ライチョウ会議東京大会」
・希望者全員の氏名・年齢(学年)
・代表者の住所・氏名・電話番号
〈はがき〉
110-0007 台東区上野公園9-83 東京動物園協会 ライチョウ会議シンポジウム 係
〈ファックス〉
03-3828-8237
〈メール〉
lagopus@tokyo-zoo.net

お問い合わせ
東京動物園協会 協働事業係
03-3828-8235
[PR]
by hobbysworld | 2009-10-01 09:18 | イベントのお知らせ

『自然観察を楽しむアート展』 のお知らせ

NACOT(NACS-J自然観察指導員東京連絡会)の有志が自然環境、野生生物に関わる写真、絵画、クラフトなどが展示される、『自然観察を楽しむアート展』 が開催されます。
新宿御苑といえば探鳥地としても有名ですが、会場のインフォメーションセンターアートギャラリーは無料で開放されています。
渡りシーズンはじめで鳥は少ないかもしれませんが、自然観察保護員の皆さんの活動の一部も垣間見ることができるかもしれませんね。

期日:9月8日(火)~13日(日)
時間:9:00~16:30(最終日は15:00まで)
場所:新宿御苑インフォメーションセンター アートギャラリー

イベントのご案内はこちら↓
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/3_event/event_05.html
交通のご案内はこちら↓
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/access.html

そうそう、アートギャラリーでは今月、谷口高司さんの教室の展覧会も行われる予定ですから、また改めて紹介しますね。
[PR]
by hobbysworld | 2009-09-06 09:59 | イベントのお知らせ

衣替えです(笑)

Hobby's店頭の小さなギャラリースペースで好評開催中の、菅原貴徳さんの写真展、「自転車で探す! 身近な場所に住む野鳥たち」ですが、本日、展示写真の入れ替えを行いました。
これまでの写真は微笑ましいバンの親子やアジサシのハンティングシーンなど、「春~夏」を感じさせるものが中心でしたが、今回は「秋冬」を意識したチョイスです。
実は先日、ご本人がみえた際には、皆さんからのコメントが書かれたノートに痛く感動しておられました。
Hobby'sスタッフは一番最後に書き込むことにしているのですが、どんなことを書こうかな・・012.gif
f0191924_112181.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-23 11:22 | イベントのお知らせ

秋の渡り鳥に期待!!BIRDER探鳥会のお知らせ

お馴染みのバードウォッチング専門誌"BIRDER"主催の探鳥会が開催されます。
場所はTDLの向かいにある首都圏屈指の探鳥スポット"葛西臨海公園"
講師としてホビーズ代表の吉成と店長志賀が案内を務めさせていただきます。

そして、協賛のニコンビジョンさんからは、ホビーズでもフラッグシップスコープとして話題となっている新製品"EDG"が貸し出されます。また、先日発表になったばかりのEDGフィールドスコープ用デジタル一眼レフカメラアタッチメント「FSA-L2」もお試しいただけるとのことで、店長志賀もその実力に注目です。

時期としては、園内の観覧車周辺ではオオルリ、エゾビタキ、ムシクイ類といった渡り途中の小鳥類が期待でき、鳥類園・干潟では、多くのシギ・チドリ類で賑わっていることでしょう。
秋の渡りはベテランでも識別を悩ます種類がたくさんいます。この機会に識別点などもポイントを押さえてご案内しますので、お気軽にご参加下さい。

日時:2009年9月26日(土)10:30~14:30ごろまで
講師:吉成才丈・志賀 眞
定員:20名(応募者多数の場合抽選)
参加費:500円(保険料・資料代として)
持ち物:飲み物、お弁当(昼食)、図鑑、観察道具など
     ※協賛のニコンビジョンより双眼鏡や望遠鏡の貸出があります。
協賛:株式会社ニコンビジョン

お申込ははがき、FAX、Emailにて、参加者の氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス(お持ちでしたら)をご記入の上、下記までお申し込み下さい。

【はがき】
〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-5 川上ビル
文一総合出版BIRDER編集部「探鳥会」係

【FAX】
03-3269-1402

【Eメール】
birder●bun-ichi.co.jp
※●印を@に差し替えて下さい。

締切は2009年9月11日(金)必着です。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-19 10:34 | イベントのお知らせ

残暑お見舞い申し上げます&秋のイベントのお知らせ!

f0191924_10151326.jpg


夏らしいギラギラ太陽が時折、照りつけるようになりましたね058.gif
帰省されている方は、道中混み合って大変ですね。現地では存分に楽しんで、そして無事にお帰りくださいませ。

画像は、まだ尾が長い、水から這い上がったばかりのアマガエルです。体が透き通っていて、顔はまだオタマジャクシのまんまですね。

さて、今日はこの秋予定されている野鳥関係のイベントをお知らせしましょう。
一番近いものから...

・10月3日(土)~4日(日) 神代植物園 バードハウス展
(Hobby's は10月4日だけ出店)
・11月7日(土)~8日(日) ジャパンバードフェスティバル 
2001年から始まった歴史もある「鳥関連」 では最大のイベント! 
(Hobby'sはもちろん2日間出店)
・11月14日(土)~15日(日) 大阪自然史フェスティバル2009
(昨年に続いて、Hobby's2回目の関西進出!2日とも出店いたします)

会場までのアクセスや、イベントの詳細は各リンク先でお確かめください。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-14 11:11 | イベントのお知らせ

ホビーズギャラリー開設とバックナンバーフェアの経過報告

先日もブログでお知らせしましたが、店内の一角のHobby's ギャラリーにて「菅原貴徳 写真展」がはじまりました003.gif
f0191924_10361569.jpg

撮影機材はキヤノンのボディ(Kiss DN・50D)に変換アダプターを介して、ニッコールの500mmF4Pというスタイルなので、ピント・露出とも全てマニュアルですが、そのことを微塵も感じさせない見事な画に仕上がっております。
何よりも、作品として構図のセンスは必見です049.gif
店内には、コメントを書くノートを用意しておりますので、ぜひ一筆お書き下さい。撮影者の菅原さんにとっても励みになるでしょう。

さて、ギャラリーの下側にずらりと並んだ、月刊BIRDERのバックナンバーですが、予想を上回る人気で、現在、ワシタカ、フクロウ、カワセミといった人気種の特集号は軒並み完売しております。棚一面に並んでいたバーダーも、所々隙間が見えるようになってきました。狙っている号がある方は、どうぞ、買い逃しの無いようお急ぎ下さい。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-09 10:40 | イベントのお知らせ

Hobby's ギャラリー 「菅原貴徳 写真展」

Hobby's World店舗の一画を利用した小さなイベントスペースである「Hobby'sギャラリー」では、明日から菅原貴徳さんの写真展が開催されます。
小学5年生から野鳥観察をはじめたという菅原さん、若干18才にして、その観察眼と写真には大人も舌を巻くほどで、昨年は、高校生ながらBIRDER誌上にその写真が掲載されたほどです。
“自転車で走り回って見つけた自分だけのポイントで野鳥を探し、思いがけない種を見つけたり、思い通りの写真が撮れた時の喜びは格別”と語る菅原さん。不思議とその写真からは、草原にちょこんと座って、目の前の野鳥とじっくり向き合う青年の姿が浮かびます。
これからの活躍が末恐ろしい(笑)、平成生まれのバーダーの作品を、ぜひご覧ください。

「自転車で探す!身近な場所に住む野鳥たち」
期間:8月8日(土)~8月31日(月)

→Hobby's ギャラリー・イベント情報へ
f0191924_1062493.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-07 10:22 | イベントのお知らせ

薮内正幸美術館開館5周年記念特別企画展示のお知らせ

今更ながら、紹介するまでもないとは思いますが、薮内さんと言えば、ドブネズミのガンバが活躍する物語「冒険者たち」を始め、多くの書物の挿絵や絵本を手がけられ、素晴らしい作品を遺していかれました。
月刊「BIRDER」でも"拝啓、薮内正幸様"として先生を偲ぶコーナーが連載中です。

「薮内正幸美術館」は、ぜひ原画を見てみたいという方の為に、先生が遺した1万数千点におよぶ作品を保存・展示している、日本で唯一の動物画専門の美術館です。

美術館の開館5周年を記念して催される今回の特別企画展示では、ほぼ40年ぶりに見つかった「くじら」(1970年/福音館書店)の原画や、薮内先生が動物画家への道へ進むきっかけとなった手紙など、初公開の作品を多く展示されているそうですので、夏休みのお出掛けの候補のひとつとして検討されてはいかがでしょうか。

「薮内正幸の世界Ⅱ」
場所:薮内正幸美術館
   水曜休館 ※8月は無休※冬期休館あり
   会期:2009年7月31日(金)~11月30日(月)
→アクセス・詳細はこちら
f0191924_9562393.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-08-02 09:59 | イベントのお知らせ

長島 充 野鳥版画展

長島 充さんと言えば、月刊BIRDER連載「古語りの野鳥たち」の挿絵などでその作品を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
写真やイラストとはまた違った、版画ならではの重厚な存在感のある作品は、どれも見ごたえがあります。
今回の版画展では、銅版画、木口木版画、木版画約40点が展示されるそうです。
しかも会場はお馴染み「谷津干潟自然観察センター」です005.gif
丁度、シギ・チドリの秋の渡りの最盛期と重なる時期ですから、干潟観察後にゆっくりと版画展・・というコースがおすすめです。同センターは屋内から干潟が観察できますから、猛暑日や急な雨!でも安心です。

「長島 充 野鳥版画展」
場所:谷津干潟自然観察センター
   月曜休館 9:00~17:00(入館は16:30まで)
会期:2009年8月1日(土)~8月16日(日)
※2、8、9、15日、16日午後には長島さんご本人も会場にいらっしゃるそうです。
→アクセス・詳細はこちら
f0191924_1611953.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-30 09:51 | イベントのお知らせ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧