これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おすすめ書籍( 48 )

文一の「ハンドブックシリーズ」野鳥以外にもこんなに種類があります!

海鳥や、カモメ、シギチドリなど、文一総合出版のハンドブックシリーズは、ベテランバードウオッチャーの方々にもご好評のハンディ図鑑です。

実は野鳥以外にも、昆虫や水生生物など多岐にわたり、シリーズは大変充実していて、集めるだけでも楽しいですよ。

今回は4月に発売された、「昆虫の集まる花ハンドブック」と「朽木にあつまる虫ハンドブック」とともに、ちょっと他では取り扱っていないユニークな品揃えをご紹介します。
どれも初心者の方が分かりやすい工夫がされ、18 x 11 cmと持野外で持ち運びやすい嬉しいサイズです。
そう言えば、キツツキ類などが一生懸命に朽木をつついていますね。「朽木にあつまる虫ハンドブック」にそのヒントが隠されているのかもしれませんよ。

f0191924_11504533.jpg


・朽ち・木にあつまる虫ハンドブック  ¥1,260(税込)
・昆虫の集まる花ハンドブック  ¥1,260(税込)
・日本のクワガタムシハンドブック  ¥1,470(税込)
・虫こぶハンドブック  ¥1,260(税込)
・昆虫の食草・食樹ハンドブック  ¥1,260(税込)

f0191924_1151588.jpg

・カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック  ¥1,470(税込)
・水生生物ハンドブック  ¥1,260(税込)
・淡水産エビ・カニハンドブック  ¥1,260(税込)
[PR]
by HobbysWorld | 2009-05-09 12:16 | おすすめ書籍

BIRDER最新号はG.W探鳥情報が満載!

f0191924_10201689.jpgご紹介が遅れてしまいました040.gif
今月のBIRDERは「見る、知る、分かる 夏の鳥」。その名の通り、夏鳥ウォッチングに最適の全国探鳥地マップから、カッコウ類、ムシクイ類などの、夏に私たちを悩ませる“似たもの同士比較”まで、“かゆ~いトコロに手が届く”企画が満載の特集です。
さらに見逃せないのは、舳倉島、対馬といったベストシーズンを迎える離島情報。島内のポイントも詳細に紹介されています。

とにかく、“今”役立つ情報が満載の今月号、私も慌てて購入しましたっ!071.gif
→ご購入はこちらからどうぞ!
[PR]
by HobbysWorld | 2009-04-20 10:22 | おすすめ書籍

「昆虫の集まる花ハンドブック」入荷しました。

植物図鑑というと、その膨大な種類数と、専門用語の多さから尻ごみしてしまう方は少なくないのではないでしょうか?(はい、私がそうです)そんな方にもおすすめの、おもしろい図鑑が入荷しました。
その名も「昆虫の集まる花ハンドブック」。好評の文一総合出版ハンドブックシリーズの最新刊です。

難しい専門用語や分類は置いておいて、とにかく「昆虫と花(一部鳥も)とのつながりのおもしろさ」に注目した内容は、全くの植物初心者でもとっつきやすく、それでいて花の生態の面白さや奥深さを発見することが出来ます。例えば、ヤツデは初冬に花を咲かせるため、蜜をなめている間に体が冷えてしまった虫たちのために、自らの葉を床暖房として用意しているそうですよ。
→ご購入はこちらからどうぞ
f0191924_1142885.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-03-28 11:05 | おすすめ書籍

faura(ファウラ)最新号が入荷しました。

f0191924_10465132.jpg
皆さんは、faura(ファウラ)という雑誌をご存じでしょうか?

ファウラは、“北海道の自然を考え、伝える”をコンセプトに2003年に刊行されました。毎号取り上げられる特集は、北海道の動物、植物、地質など実に多岐に渡り、その写真のクオリティーの高さや作りこまれた構成・解説には、毎回驚かされます。(これで1,000円は絶対にお値打ち!)それもそのはず、水越武(森林)・市根井孝悦(山岳)・岡本洋典(雨竜)・寺沢孝毅(天売)、梅沢俊(植物)・若林浩樹(ニセコ)・大橋弘一(野鳥)などなど、製作にはいずれもその道の第一線で活躍する写真家や研究者が携わっているのです。

そんなファウラの最新号、「魅惑のゼフィルス」が入荷しました。“ゼフィルス”とは、その美しさから“森の妖精”と呼ばれる蝶のグループ。また、積丹半島でのミサゴの繁殖の様子も取り上げられています。
→詳しくはこちらからどうぞ
→バックナンバーも取り扱っています。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-03-23 10:47 | おすすめ書籍

お子さん、お孫さんに鳥の絵本はいかがでしょう

BIRDERのイラストでもお馴染みの小林絵里子さんが、初めて手掛けた絵本が先月発売され、Hobby's店頭でもご好評をいただいています。(ご紹介が遅れてしまい、申し訳ありません)
カイツブリのヒナ「ぴいた」を通して、カイツブリの子育ての様子や、親子が暮らす環境、自然の厳しさ、そこで生活する生き物たちとの係わりなどが描かれています。
新しい分野へのチャレンジですので、きっと小林さんもいろいろな苦労もあったでしょうね。普段のイラストよりも表情豊かに、温かみのあるタッチで描かれた“ぴいた”たちからは、たくさんの子供たちに手にとってもらえるように、という小林さんの思いが感じられます。

〔ちびっこぴいた〕
著:こばやし えりこ 発行:こぐま社販売価格 ¥1,470-(税込)


f0191924_10172374.jpg

[PR]
by HobbysWorld | 2009-03-18 10:22 | おすすめ書籍

BIRDER4月号発売!

今月のBIRDER、特集は「保存版!田んぼの鳥見ガイド」です。
f0191924_10132373.jpg

バードウォッチャーならば、その場所に立っただけでわくわくしてしてしまう、魅力的なフィールドである“田んぼ”。そんな田んぼで見られる鳥や、ここぞという目のつけどころを、季節を追って分かりやすく解説します。
また、田んぼという場所を、単に「鳥を見るフィールド」ではなく、「“農”とのかかわり」から探る記事も複数あり、読み応えを増しています。
もちろん、水谷高英さんの「Field Sketch」や、♪鳥くんの「ぶらり・鳥見散歩道」などの人気連載も見逃せませんよ。
→ご購入はこちらからどうぞ。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-03-16 10:15 | おすすめ書籍

一足お先に咲きました 『サクラ ハンドブック』


f0191924_2012824.jpg「サクラサク」「サクラチル」...、入試の結果発表に使われた本当に短いフレーズですが、さしずめ今なら、携帯で絵文字だらけのメールが送信されているのでしょうね。
合格を「桜咲く」と表現するあたり、日本人の感性は素晴らしいですね。
改めて、日本語の良さを見直したいと思うホビーズスタッフでした。

マクラはともかく、我々と桜との関わりの深さは、今に始まったことではありません。
そんなサクラは、実は種類が多いのです。
また意外なことに、プロでも見分けが難しいというのですから、のんびり花見などしている場合ではないかも知れません。
でもご安心下さい。あの文一総合出版から、『サクラ ハンドブック』なる図鑑が出たのです。
野生種は分布域がある程度広い11種、栽培種については見かける機会が多い52種が写真で紹介され、名前も調べやすい工夫がされています。
詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓
http://www.hobbysworld.com/SHOP/20114138.html

著:大原 隆明
発行:文一総合出版
大きさ:18.2×11センチ
ページ数:88ページ 
発行年月日:2009年2月

「えっ、サクラって、野生種と・栽培種を合わせると300種以上もあるんですか...002.gif
[PR]
by hobbysworld | 2009-03-05 10:23 | おすすめ書籍

世界鳥類図鑑の決定版!  堂々の新発売デス

f0191924_194693.jpg鳥を勉強するテキストとして、これまでは学研や小学館の子供用図鑑(鳥類事典)をお薦めしてきました。
子供用といっても内容は馬鹿にできず、大人が見ても「なるほど!」と唸る内容でした。
しか~し、この度発売された『世界鳥類大図鑑』は、まさに”大人用”のテキストとしても最適な1冊です。
鳥類の起源や生態・形態・飛翔・繁殖・コミュニケーション・渡り・生活史から環境への適応、世界的にも有名な探鳥地など、楽しみながら鳥を学べることでしょう。
詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓
http://www.hobbysworld.com/SHOP/26214413.html

総監修:バードライフ・インターナショナル
日本語版総監修:山岸 哲
発行:ネコ・パブリッシング
サイズ:31×21㎝
ページ数:512ページ
発行年月日:2009年1月
[PR]
by hobbysworld | 2009-03-01 09:46 | おすすめ書籍

月刊BIRDER 2009.3発売! 第1特集は“一眼デジスコ”!!

f0191924_11343033.jpg


毎月16日(たまに15日の時あり)の発売を首を長くしてお待ちの方も多いでしょうが、今号は表紙をパッとみただけでは愛読している“BIRDER”と、気づかれない可能性大です。黒を基調にして、スコープが「ドドッと8本!!」並べてあります。ちょっとカメラ雑誌のような印象ですね。

中でも一際、真っ白!のボーグが目立っています。009.gif
※こちらはあいにくと、メーカーさんでも3月末まで品切れです。

第1特集では「挑戦!意外とお手軽“一眼デジスコ”」と、撮影派の皆さんが最も注目している記事が11ページに渡って掲載されています。

大まかなイメージを掴むことができますが、もっと知りたい!試したい!そう思い立ったら、どうぞホビーズワールドまで、ご質問の電話&メールをお待ちしています。また、ご来店も都合が宜しければ、是非、お使いのデジタル一眼レフをお持ちください。ガラス越しになりますが、実際に撮影してどんなモノなのかを確かめていただます。(ホンの一端ですが)

また、ただ今「野鳥撮影の方法あれこれ(仮題)」ページを準備中で、近日公開します。個々の方法で、例えばデジスコはここが○、一眼デジスコではここが△、高倍率ズームはここ◎など一覧表があり、一番自分の撮影目的に合っている、また、性分(フィールドに出たら、じっとしていられなーい!!)に合っている撮影機材を選ぶ、道標になれればと考えています。出来上がりましたら、またこのブログでお知らせいたします。

ところで、このシステム(リレーレンズ方式)“一眼デジスコ”と名前がついています。デジスコの誕生を顧みて、狭義ではスコープに出来た像を撮影する「コリメート法」=デジスコなのですが。混乱を生じさせてもなんなので、広義で、「一眼デジスコ」でよいのでしょう。
デジ眼スコープとか、眼スコとか、いろんな呼び方してましたよね...008.gif
[PR]
by HobbysWorld | 2009-02-16 11:36 | おすすめ書籍

意外や意外、隠れたベストセラーは...

f0191924_22424613.jpg
自宅のベランダや庭に、「メジロやシジュウカラ、ジョウビタキがきたんだよ」と嬉しそうに話して下さるお客様が多数いらっしゃいます。
また、「どうしたら鳥が来てくれるだろうか」と相談を受けることも多く、そんなときに紹介するのが、文一総合出版から出ている、藤本和典著・『庭に鳥を呼ぶ本』なのです。
この本には、単に餌付けを行うだけでなく、いろいろな工夫で鳥を呼ぶ”コツ”が記されています。
鳥が食べる実のなる樹を植えること、猫などから襲われない工夫が必要であることなど、今まで考えもしなかった内容に巡り会うかもしれません。
また鳥を呼ぶ工夫を考えることによって、身近な鳥たちの生態を学ぶきっかけにもなることでしょう。
毎日売れる・隠れたベストセラーです。
皆さんも、一度は手にとってご覧下さいね。

『庭に鳥を呼ぶ本』 ¥1,575-
http://www.hobbysworld.com/SHOP/20112101.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-13 10:15 | おすすめ書籍
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧