これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 35 )

ふわふわのカワセミが新入荷!

昨年の発売以来ご好評いただいております、「アトリエ山鳩 羊毛フェルトの野鳥ストラップ」シリーズに、新たにカワセミが加わりました。
f0191924_11192652.jpg

この羊毛フェルトシリーズ、一度作家さんの製作現場を拝見したのですが・・008.gif私には無理です・・。
もとはただの綿の破片(?)みたいなものを、ひたすら針でちくちくと刺して行くんです。するとフェルトの繊維同士が絡み合い、徐々に固く形になっていきます。製作現場にはただ「サクっ、サクっ・・」と針を指す僅かな音が響きます・・。
正直そんな過程を見てしまうと、こんな値段で売っていいものかと申し訳なくなってしまいます054.gif
皆さま、ぜひぜひ手にとって見てくださいね。

→羊毛フェルトの野鳥ストラップ の詳細・ご購入はこちら
[PR]
by Hobbysworld | 2010-01-09 11:21

BIRDERとfaura

今日は、昨日入荷したBIRDERとfauraのご紹介です。

f0191924_10252638.jpgBIRDER2010年1月号

まるでデザイン画のようなマナヅルがインパクト抜群!(ちなみに撮影は戸塚学氏。私写真集買っちゃいました笑)のBIRDER、今月の特集は「鳥の群れ 観察ポイント集」です。群れならではの観察の醍醐味から、そこに紛れる“珍鳥”発見のコツまでご紹介します。
巻末のアンケートに答えた方の中から抽選で、双眼鏡や鳥グッズ、さらに我らが迷彩ネット!などが当たる「BIRDERからのお年玉」企画もあります。

f0191924_103215100.jpgfaura26号 2009年冬号

こちらも“鶴つながり”ですが、特集は「タンチョウ」です。今まで特集されていなかったのが以外なほど、「これぞ北海道っ」というイメージのあるタンチョウですが、一時は絶滅を危ぶまれるほど数を減らしました。そこからの保護の歴史、以外に知られていない生態、観察MAPまでご紹介します。
さらにfauraと言えば、忘れてはならないのが、強力な連載陣。北海道に少しでも愛着のある方ならば、その内容の深さにきっと満足していただけると思います。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-12-17 10:50

ポケットサイズでボリューム満点の野草図鑑

この季節雨の合間を縫って山野に出向くと、いろいろな野草が出迎えてくれます。

暗い林内に可憐に映えるヤマユリや休耕田で涼しげな白い花を付けるウリカワ、庭先でもかわいらしく咲いているツユクサなど、目的は鳥見だとしても合間にほっと一息目を癒してくれます。

ところが、中には
なんかきれいな花が咲いているんだけど、名前が分からないんだよなぁ・・・007.gif

ということもまた、よくあるパターンです。


とはいえ、花の図鑑は持って行きたくとも、これ以上荷物を増やしたくないというのも正直なところ。


7月1日初版のこのポケット図鑑はそんな方こそぜひお供に連れて行ってもらいたい一冊です。

f0191924_9451211.jpg




特にオススメな点が、花の色別に分類がなされている点005.gif

これなら、見知らぬ花と出会ったときに、花の色からアタリをつけて簡単に目的の野草を検索できます049.gif

ポケット図鑑シリーズは日本の鳥300でお世話になっているバードウォッチャーも多いかと思いますが、その使いやすさ、携帯性そのままに、日本の野草 夏・秋が仲間に加わりました。



日本の野草300 夏・秋のご購入はこちら
[PR]
by HobbysWorld | 2009-07-03 10:46

(お得です)極東鳥類研究会入会のお誘い


f0191924_9135018.jpg欧米と異なり、情報が極端に少ない国といえば、ロシアを思い浮かべます。
そんな状況のなか、毎年発行される『極東の鳥類』シリーズなどで知られる極東鳥類研究会は、年会費¥1,000-を払うだけで、誰でも簡単に入会することができます。
入会といっても、とくに会則やイベントはなく、毎年発行される報告書が1冊送られてくるのです。
しかしこの報告書、なんと定価は1,000円を超えるものもあり、会費分はすぐに元が取れてしまうのです。
こんなお得な会はありませんし、会を運営する藤巻裕蔵さん(元・日本鳥学会会長)の損得勘定を抜きにした姿勢には、敬意を払わずにいられません。
実はホビーズ的には、会員に送られてくる報告書を販売しているので、多くの皆さんが会員になってしまうと売り上げが減ってしまう...という事情もあるのですが、それでも会をサポートしたいという思いから、皆さんに入会をお誘いしています。
「極東..」シリーズは人気で、すでに絶版となった号も多数あります。

-------------------
◎極東鳥類研究会
年会費(1~12月): ¥1,000-
申し込み方法: 必要事項(名前・住所・電話番号・メールアドレス・入会開始年)を、ホビーズ宛info@hobbysworld.com 宛にお送り下さい。送られた情報は、藤巻さん宛にお送りし、皆さんには振込先をお知らせします。(藤巻さん宛の迷惑メールが非常に多いそうですので、最初はホビーズが中継します)

※報告書は年末近くに送られ、その時に翌年の会費支払いについての案内があります。
※年の途中でお申し込み頂いても、会費は変わりません。
※退会のお申し出がない限り、翌年も継続するとみなされて報告書が送られます。
-------------------
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-14 09:15

アホウドリ、今年も聟島移送完了!

新聞報道によると、伊豆諸島・鳥島(東京都)のアホウドリのヒナ15羽が、今年も小笠原諸島の聟島(むこじま)に移送されたそうです。
これは、鳥島の火山噴火による壊滅的な影響を危惧して行われているのもので、昨年に続いて2回目になります。
昨年は孵化後45日で移送したそうですが、今年は、聟島を自分の故郷として認識しやすいよう、35日目に移送したそうです。
アホウドリの移送については、実際に作業を行っている山階鳥類研究所で詳しく紹介していますので、どうぞ覗いてみて下さい。
http://www.yamashina.or.jp/hp/yomimono/albatross/05kongo.html

《明日の予告》
まだまだ紹介したい情報があるのですが、そのタイミングに制約があったりします。
明日は、〔カールツアィス〕に関するお得な情報ですので、ツアィスを検討している方は必見です。
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-06 10:26

「毛糸の野鳥ストラップ」新作・シジュウカラが5羽だけ入荷しました

f0191924_10285163.jpg発売以来、爆発的な売り上げを記録している「毛糸ストラップ」シリーズですが、新作・シジュウカラが入荷しました。
写真ではなかなか伝わらないのですが、そのかわいさには誰もが癒され、目尻を下げることでしょう。
本当は一昨日の夕方に入荷したのですが、ページ更新が間に合わず、一日遅れの紹介になってしまいました。
しかし商品登録完了と共に、早々と2羽がお客様の元に旅立って行くことになり、熱烈なファンがいらっしゃることに驚きました。
スタッフ的には、可愛い我が子を里親に預けるような心境ですので、どうぞ大事に可愛がってあげてくださいね。040.gif

今回の入荷数はたったの5羽で、すでに残り3羽となっています。
他の在庫がなくなったアイテムについても、ご予約を承りますので、お気軽にお申し付け下さい。
http://www.hobbysworld.com/SHOP/37970301.html

☆カテゴリーごとのページも見やすくなりました☆
トップページからだと、左下のカテゴリーバナーから入ると、小カテゴリーごとにお薦め商品が表示されます。
たとえば雑貨の場合、こんな感じです。↓↓
http://www.hobbysworld.com/hpgen/HPB/entries/8.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-02 10:29

「専門店ならではの徹底比較ページ」リニュアルしました

ご要望の多かった、「デジスコに使えるカメラ」もあらたに加えて、「専門店ならではの徹底比較ページ」をリニュアルしました。
このページでは、「照準器」「雲台」「迷彩ブラインド」も徹底比較してますので、どうぞ覗いてみて下さい。
http://www.hobbysworld.com/hpgen/HPB/categories/51228.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-01 09:37

動物写真コンテストにチャレンジ!

今年もすでに1ヶ月がすぎましたが、今年の鳥運はいかがでしょうか?
さて、デジスコの普及と共に野鳥撮影を始めた方が増えましたが、たまには”腕試し”してみませんか?

(財)自然公園財団では、日本国内の自然公園(国立公園29ヶ所、国定公園56ヶ所、都道府県立自然公園309ヶ所)とその周辺の里地・里山、海浜、湿地や湿原などの豊かな自然の中で生きる、野生動物(哺乳類・鳥類・魚類・は虫類・両生類・昆虫類などの生物)の写真を募集しています。
最優秀賞には賞金50,000円、優秀賞でも賞金30,000円がでますので、チャレンジしてみる価値はあると思います。
また中学生以下を対象とした奨励賞もありますので、お子さんやお孫さんと一緒に応募してみてはいかがでしょうか?
・締め切り:2月28日必着

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.bes.or.jp/information/detail.html?id=45
[PR]
by hobbysworld | 2009-02-01 09:29

祝・「スワロフスキー円高還元セール」期間延長決定!

昨年末に突然始まった、本当に”寝耳に水”状態で突然始まった円高還元セールですが、為替状況やお客様の反応により、期間の延長が決定しました。
延長の期間は、2月の28日までです。
「どうしようかな..」と迷っていた皆さんも、少しほっとされたのではないでしょうか?
詳しくは、以下のページをご覧下さい。↓↓↓
http://www.hobbysworld.com/hpgen/HPB/entries/22.html
[PR]
by hobbysworld | 2009-01-29 10:29

ZOONETをご存じですか?

どうぶつ園ファンのためのウェブサイト”ZOONET”をご存じですか?
このサイト、上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園・大島公園動物園など、都立動物園の公式サイトなのですが、結構はまりますよ。
http://www.tokyo-zoo.net/index.html
「えっ動物園、野生じゃないとね...」という皆さん、一度覗いてみてください。
とくにおすすめは、「ZOONET BB」という動画コーナーで、話題の動物(とくに非公開)の状況が動画で見られるのです。(それもタダで!)
たとえばバックナンバーを見ると、分散飼育のために多摩動物園にやってきたトキの状況、上野動物園のシロオオタカ、アカガシラカラスバトの人工育雛、ヒメクイナ...などなど、本当にたくさんの情報が配信されているのです。
もちろん鳥だけでなく、他の動物の情報も満載されてますので、全部見てたらどれほど時間がかかることやら。
最新の動画には、ノルウェーから譲り受けたライチョウ(亜種スバールバルライチョウ)の様子が紹介されています。
実はこのライチョウ、単なる展示目的のために日本にやってきた訳ではなく、温暖化の影響を受ける可能性のある日本のライチョウの人工飼育の技術を確立するために飼育されているのです。
そんな日が来ないにこしたことはありませんが、先を見据えた準備も必要なんですね。
どうです、動物園に対する見方も変わってきませんか?
[PR]
by hobbysworld | 2009-01-28 10:08
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧