これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧

2010年 01月 14日 ( 2 )

極寒の道東で試してみました

こんな時間に失礼致します。
つい先ほど、道東より帰宅したスタッフAです。
本日も紹介した足軽MAX ラバースパイク・カバー付きを試した結果を早くお知らせしたく、自宅からレポートすることにしました。

【防寒性】
間違いなく暖かい!(正確にいえば冷えにくい)
防寒性能のある厚手のトレッキングシューズは問題外で、マイナス何十度まで使用できるという防寒ブーツにも劣らぬ性能が確認できました。
さすがに熱遮断性と保温性に優れている素材でできているだけあり、今までの冷えやすいゴム長とは全く別物です。

【履き心地】
底も適度な厚さで柔らかく、雪面でも硬くなりませんでした。
普通の舗装路でも履き心地はバツグンです。

【滑りにくさ】
底面が硬くならないので、たしかに普通の長靴より滑りにくいです。
とはいうものの、でこぼこした凍結路面では滑りそうになりました...。
さすがにスパイクには敵いませんが、雪道を運転する方には、スタッドレスタイヤを履いたときのようなしなやかな感じ..といえばわかりやすいでしょうか。

【他のメリット】
今回は鳥仲間10名で出かけましたが、宿や食事のなどの際に靴の脱ぎ履きが非常に楽でした。
他の皆さんは紐靴なので、腰をかがめての作業は大変そうでした。
またスノーブーツやトレッキングシューズは防水性能があっても丈が短いため、スパッツを装着する方が多かったのですが、そうした煩わしさも無縁でした。

【他に感じたこと】
私は年に数足の長靴を履きつぶしますが、この「足軽MAX」に関しては、とくに不満はありません。
値段もやや高めですが、用途を限り、その性能を最大限に発揮させる使い方をするなら、決して高いとは思えないほど快適でした。
また車を運転したのですが、幅広のブーツはアクセルペダルとブレーキペダルの両方を踏んでしまうことがあり、運転には向きません。この長靴は幅もそれほど広くないため、そうした危険を感じたことはありませんでした。
あと強いていえば、ネーミングやデザインをもう少しかっこよくしてくれるといいかな...なんて思いますけどね(笑)。
そうそう、厚手の靴下を履いたところ、長靴のサイズは気持ち大きめでちょうどよい感じでした。

f0191924_2229578.jpg
底面が硬くならずに履き心地もよく、雪面でも快適です。
防寒性能も、ゴム長とは比較にならないほど高いレベルでした。

f0191924_22311466.jpg
今回はこのブーツと2足持参して比較しましたが、このブーツを履いたのは最初だけ..。
防寒性には優れますが、スパッツなしだと、かなり雪が入りました。
このブーツは幅広なので、これを履いたままでの車の運転はやめた方がよいと思います。

f0191924_22324225.jpg
今回の参加者で一番多かったタイプです。
防寒性能はあまりなく、スパッツも装着する必要があります。

以下の商品ページにも、試用レポートを追加しないといけませんね。
http://www.hobbysworld.com/SHOP/30090112.html
[PR]
by hobbysworld | 2010-01-14 22:50 | Hobby'sスタッフレポート

今の季節にあると便利なウィンターグッズをご紹介!

昨日今日と厳しい冷え込みが続いています。朝出掛けると玄関先の石のタイルが凍結していて、転倒こそしなかったものの、見事に滑り、ヒヤリとさせられました015.gif

というわけで、転ばぬ先のウィンターグッズをご紹介します(笑)

f0191924_11253942.jpg◎スリップガード
お持ちの靴の前足に引っ掛けて、踵まで伸ばして留めるだけの簡単脱着できる滑り止めです。雪が融けて凍った路面は気が急いている通勤時などとくに危険です。玄関に備えておけば、出掛ける前にワンタッチで取り付けて危険な思いをしなくて済みます。

f0191924_11261849.jpg◎シンコウカンジキSK1SK2
雪のフィールドを歩くにはカンジキが必要ですが、重かったり、使い終わった後の乾燥が大変だったりととても不便ですよね。このシンコウカンジキは耐衝撃性ナイロン樹脂素材の為、軽量で持ち運びも苦になりませんし、乾燥の手入れ一切不要。すでに他のカンジキやスノーシューを使用したことがある方は、シンコーカンジキの性能と快適さに驚いてしまうはずです。

f0191924_112705.jpg◎足軽MAX ラバースパイク・カバー付き/紺
一体成型で丈夫なのにも関わらず、驚異の超軽量を実現した快適な長靴です。底面はラバースパイクが付いて冬のフィールドでも安心です。手にとってビックリの驚異的な軽さはなんとフィールドガイド日本の野鳥よりも軽量!これなら厳冬地への鳥見にも負担なくご持参いただけます。現在スタッフが冬の道東で使用中です(笑)
[PR]
by HobbysWorld | 2010-01-14 11:28 | 季節のモノ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧