これであなたも情報ツウ! Hobby's最新情報


バードウォッチング専門店「Hobby's World」スタッフが交代でタイムリーな情報を発信します!!
by HobbysWorld
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【そこそこ速報レビュー】Canon EOS7D Image Monsterとスコープの相性やいかに?

先日、永年相棒として連れ添ってきたソニルタ(ソニーの一眼レフα700にミノルタのレンズ)のシステムに三行半を突付けて(?)10/2に発売されたばかりのキヤノンのデジタル一眼レフカメラEOS7D(APS-C機)に乗換えました新人の岩本です。

7D購入後そのままホビーズに出向き、スコープ(コーワ TSN-774と884)との相性はどうか試してみたので、ご報告します。

まず、キットレンズの15-85mmとコーワ TSN-774+VA3によるコリメート撮影についてですが。
結果から言ってしまうと残念ながら使えませんでした007.gif
全域盛大にケラレます。
31mmのところで一瞬収まりますが、それでも四隅はケラレます。

31mm オリジナル画像
f0191924_0273392.jpg

T端 オリジナル画像
f0191924_0275340.jpg

AFについては31mm域ではそれなりに効きますが、85mmでは合焦せず。ライブビューにすると、途端にモッサリした動きに豹変し、何度か迷うような有り様です。
液晶は優秀で、ライブビュー時も液晶フードモニタリングプロ-MCなどと組み合わせると、思ったよりピントの掴みはOKです!

コーワのフォトアタッチメントTSN-PZTSN-PA6とはかなり相性が良さそうです。
もちろんAFは効きませんが、ライブビューでのピント合わせは、液晶フードを上手くセッティング(カメラボディにモニタリングプロ付属のヒモをぐるりと巻きつけて、モードダイヤルに引っ掛けると手離しで使用可能)することにより、快適にマニュアルフォーカスできます。静音モードにすれば、シャッターショックもかなり減少している感触です(印象としてはPanasonicのGF1より少ない感じがします)。

EOS7Dで注目されていた高感度時のノイズについては、かなり良さそうですが、ISO6400ではそれなりにノイズが現れます(APS-C機であることを考えると驚異的な低ノイズですが)。ISO1600くらいなら安心して上げられるでしょう。

というわけで、TSN-PZでのテスト画像を感度別に公開しておきます。

TSN-PZ W端 ISO200 オリジナル画像
f0191924_0305360.jpg

TSN-PZ T端 ISO200 オリジナル画像
f0191924_0311347.jpg

TSN-PZ W端 ISO800 オリジナル画像
f0191924_0313338.jpg

TSN-PZ T端 ISO800 オリジナル画像
f0191924_0314869.jpg

TSN-PZ W端 ISO1600 オリジナル画像
f0191924_032966.jpg

TSN-PZ T端 ISO1600 オリジナル画像
f0191924_0322631.jpg

TSN-PZ W端 ISO3200 オリジナル画像
f0191924_0324448.jpg

TSN-PZ T端 ISO3200 オリジナル画像
f0191924_033472.jpg

※上記の撮影条件は、天候薄暗い曇り、時間は暗くなり始めた16時頃、風もそれなりに吹いていて、たえず枝葉が揺れる悪条件での撮影になります。
脚周りは、三脚がマンフロット055CX3、雲台がマンフロット701HDVにジッツオのGS5370XLC(エキストラロングプレート)で固定しています。
コーワの高精度カメラマウントTSN-CM3やレリーズを用いれば、もう少し解像感を追い込めると思います。

動画撮影もかなり好感触です。
背面にあるレバーを動画モードに合わせてスタートストップボタンを押せば録画が開始されます。
画質もとてもきれいですが、私が所有するCore2Duo 2.8Ghz搭載ノートですら5秒と再生できません。
これを編集するとなると、一体どんなマシンが必要になるんでしょうか013.gif

最後に質感についてですが、好い感じです016.gif
ニコンのゴーヨンロクヨンと心中する覚悟と"ニコン命"を明言している志賀店長からも「7Dの質感良いなぁこの感触は1D系だな」とお墨付きをもらいました。

スペックのスゴさももちろんですが、こういった部分がぬかりなく仕上げられている点が7D最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

そんなわけで、今度は60mmか100mmマクロ辺りでコリメートにリベンジするか、ちんまりとフォトアタッチメントに収まるか、辛うじて手の届くシグマの100-500mmで無難にやり過ごすか、いっそ男の36回払いでヨンニッパに手を出すか…いやいやいやいや、7D購入後も悩みは付きません。

忘れてましたが、18-85mのキットレンズでの作例も載っけておきます。

ISO6400 オリジナル画像
f0191924_0363863.jpg


公称「常用感度6400」は伊達じゃないですね。

実戦での画像もおいおい載っけて行きたいと思います。
[PR]
by HobbysWorld | 2009-10-04 09:47 | Hobby'sスタッフレポート
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧